fc2ブログ

ジョージアン・ドアのある街で…

今日はシティセンターで用事がいくつかあり、アポの時間に合わせてあちらこちらへ移動していました。

まずはオステオパシーのクリニックへ。運動しすぎなのか、しなさすぎなのかわかりませんが(笑)、先月から筋肉の具合が悪いところがあって、かかりつけの先生のところへ。

osteopathy0319
クリニックはジョージアンハウスの地下。グリーンのドアにすでに癒された気が…

マイルズ先生のマジックハンドはすごいです。以前にサーフィンで痛めた肩を、2度の施術で治していただきました。
運動している人はカイロプラティックへ行く人も多いですが、私はこちらの方が好み。

クリニックのあと、今度は初めてうかがう弁護士事務所へ。滞在許可の更新書類に必要な公証人の署名をもらいに行きました。

geogeandoorsmerrionsq0319
こちらは渋いブラックのジョージアン・ドア。いかめしい弁護士先生が出てくると思いきや、若い面白い先生だったので良かった…

そういえば、ダブリンに来たばかりの頃、こういうジョージアンドアの家に住みたいなあ…と憧れたものです。
17世紀末~18世紀、ダブリンの繁栄期に盛んに建てられた貴族の街屋敷。ダブリンは、英国、アイルランドの中で、このジョージ王朝期の屋敷がもっともよく保存されている街です。

アイルランドに来て20年近くたちますが、街の歴史を思うと比べると、私がこの街にいるのはほんの短い間なのですね…。
今日はそんなことを想いながら、いろいろなジョージアン・ドアのある街を歩いたのでした。

関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイドの山下直子です。2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、アイススケート、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。長野県上田市出身。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
☘8/29最新版刊行☘好評発売中!
ikarosbook0517 . ikarosnewbook0823
初版はこちら

新規オンライン講座/講演会
→詳細は追ってお知らせ致します!

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ