FC2ブログ

記事一覧

ニューブリッジ・シルバーウェア訪問① 驚きいっぱいの工場見学

アイルランドを代表する銀食器メーカー、ニューブリッジ・シルバーウェア(Newbridge Silverware, Newbridge, Co. Kildare)。
以前に観光イベントで知り合った担当者からお招きを受け、日本人ガイド有志で、ニューブリッジにある本社工場&ビジターセンター&ショールームへ見学に出かけてきました。

newbridgesilver0319
ダブリンから車で45分~1時間。オードリー・ヘップバーンの大きな写真とニューブリッジ・カラーの水色が印象的なショールーム入り口(オードリーの写真は、こちらの博物館内にコレクションがあるからです。過去ブログ参照→ニューブリッジで楽しむプチ・ハリウッド♪

銀製品は現在もすべてハンドメイド。まずは、昨年より一般公開された、製造工場を見学させてもらいました。→Factory Tour

newbridgesilver03192
工場へ入る前に、創業の成り立ちをビデオで見せてくれます

近年はジュエリー・メーカーとしても知名度をあげているニューブリッジ・シルバーウェアですが、もとはカトラリー(食卓用のナイフ、フォーク、スプーンなど)を中心とする銀食器メーカーとして1934年に創業。
英国支配時代の19世紀~20世紀初頭、ニューブリッジの町はブリテン島外でいちばん大きな英軍駐屯地でした。最盛期には2000を超える部隊が駐屯していて、多くの兵士や馬がここからクリミア戦争、ボーア戦争、第一次世界大戦の前線へと送られたほど。
兵舎や厩舎の建築、馬具の生産などで町はうるおい、職人技術も発達しましたが、1922年、アイルランドの独立に伴い英軍が引きあげると、町は衰退の一途をたどることに。それを見かねた地元の有力者が、英軍時代に培われた地元職人のスキルを活かし、英軍が残していった炉や道具を使って銀製カトラリーの製造で町の復興をはかったのが始まりでした。
当時、カトラリー産業で世界一だったイングランド中部の工場都市シェフィールドから専門の職人が招き、ニューブリッジに製造方法が伝えたそうです。

newbridgesilver031919
工場内には、英軍が残していったという、創業当時に使用されていた炉が残されていました

スプーンやフォークを作るのに、こんなにたくさんの細かい行程があったとは知りませんでした。
一枚の真鍮の金属パネルからラフな形にくり抜き、それをのばして平らにし、フォークには切れ目を入れて、曲げて…と、それぞれ違った機械を使ってひとつひとつ行います。

newbridgesilver03193
古いカトラリーがオブジェのように壁にかけられていました

newbridgesilver03198
これはプレスする機械…だったでしょうか。似たような機械がたくさんあり、それぞれ役割が違います

newbridgesilver03199
柄の部分に型押しされた模様。人気の「ケルティック」柄です

フォークとスプーンは1枚の真鍮から作られますが、ナイフは柄と刃を別々に作ります。驚いたのは、ナイフの柄の部分は2つのパーツから出来ていて、中にセメントを入れるということ!

newbridgesilver03194
ナイフの柄になる2つのパーツをくっつけている職人さん

newbridgesilver03195
こんな風に中は空洞

newbridgesilver03196
そこに液状のセメントを注入!

この作業がいちばん面白そうでした。もしもニューブリッジで働くことになったら、この作業をする係にあててもらいたいです(笑)。

ジュエリーは90年代から始めたそうですが、はじめはカトラリーを切り取ったあとに残った真鍮くずを再利用する目的だったそう。そう言われてみれば、初期の頃のネックレスなどのデザインは、スプーンの曲線にぴったり合いそうな形が多かったですね。

newbridgeslivernecklace
もう20年近くも愛用しているニューブリッジ・シルバーウェアの私物ネックレス。今は見かけないので、もう製造されていないかも。この曲線、スプーンの淵にぴったり合いそうな感じですね(笑)

newbridgesilver031912
ジュエリーは銅板から作られます。こちらは手動ではなくコンピューター制御。ガーネットの粉を混ぜた水中で水圧を利用して、プログラミングされた型に切り抜かれていきます

newbridgesilver031911
ペンダント・ヘッドの出来上がり

カトラリーは真鍮、ジュエリーは銅で作り、最後にシルバー・コーディングするのですが、この方法がこれまた驚きで、はじめは説明されてもなかなか理解できませんでした。
シルバー・コーティングって溶かしたシルバー液のようなものにジャボーン…ってつけるのかと思ったら、そうじゃないんですね。

newbridgesilver03197
銀の塊の入った水槽にカトラリーやジュエリーを入れ、水の中に電流を流すと化学反応が起き、銀が溶け出して少しずつコーティングされていくそう!

工場見学の後、現オーナーが世界中のオークションで買い集めたハリウッド・スターたちのコレクションを展示した、ショールーム上階の博物館へ。
長くなるので続きはまた後日、アップしますね。

newbridgesilver031910
ショールームを訪れたセレブたちの写真がいっぱい。こちらは2007年、そういえば当時ニューブリッジのモデル役を務めていましたね、ラグビー・レジェンドのローナン・オガラです

※3月30日追記、続きをアップしました→ニューブリッジ・シルバーウェア訪問② 往年のスターのコレクション&アフタヌーン・ティー

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

旅のガイドのご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

★島根県松江市にてトーク・イベント
2019年11月24日(日)14:00~16:00
終了、ありがとうございました!
関連ブログ記事→こちら

★東京都内にてトーク・イベント
2020年1月11日(土)14:00~16:30
会場:ワテラスコモンホール
詳細&ご予約はこちらアイルランド旅フェア「現地ガイドが語る、ヨーロッパ最果ての島アイルランドへの誘い ~ケルト、妖精、イエーツゆかりの地を巡る~」
関連ブログ記事→こちら

★東京都内にてトーク・イベント
2020年1月12日(日)13:30~15:30
会場:土屋グループ銀座ショールーム
詳細&ご予約はこちら旅カルチャー講座 第17回 『絶景とファンタジーの島 アイルランドへ行こう!』
関連ブログ記事→こちら

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram  

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ