FC2ブログ

記事一覧

ダブリンの桜、6~8分咲き

東京や西日本ではそろそろサクラが咲き始めたようですね。
ダブリンはすでに6~8分咲きくらい。薄曇りの空に白く輝くように咲く姿が、はかなげでとてもきれいです。

cherryblossamdublin0319
家の近所にあるサクラの大木。こちらでよく見るものは日本のソメイヨシノに比べて花の色が白く、葉も一緒に出るので、山桜に近い品種でしょうか


スポンサーリンク

コメント

ブレグジット問題

ナオコさん、こんばんは。今日J-WAVEでブレグジットを特集していたので、お伝えしますね。ゲストとして
お話ししてくれたのは、毎日新聞の編集局次長の石川さんというかただったと思います。
わかりやすく伝えてくれたのでよかったです。

石川さんの話では、イギリス議会は異常なぐらいに
混乱している。混乱している原因は議会の意見が
あまりにも多様であること、メイさんに味方が少ないいため議会の意見、特に重鎮たちをコントロールできないということでした。
同意なき合意案も出ていますが、これはないのではないか、イギリスのプライドのようなものとして見せつけている、ポーズに過ぎないのではないかということです。
今後については、今月27日にイギリス議会はどの案でいくか投票で決める。そして4月12日までに最終案を決定する。

今のところの案としては、2回目の国民投票か、
スイスやノルウェーのような緩い離脱案(EUには参加しているが、重要事項には参加しないというような)か、どちらかになるのではないかと。

国民投票は石川さんはこれまでないと思っていたそうですが、今年2月になってイギリス外交官たち(離脱のために努力をしてきた)の意見が国民投票でもいいのではないかと微妙に変わってきたので、可能性はないわけではない。
今、投票したら、案外離脱反対のほうへ向かうのではないか、どちらにせよ離脱への意志は去年と違い
少なくなるのではないかと。

今はこのような感じでとらえているということでした。
また、なるほどと思ったのは、イギリスがごちゃこちゃしているのは事実であるけれど、これが民主主義として間違っていないやりかたではないだろうか、独裁者が勝手に離脱を決めていたら、そのあとのデメリットもよくわからずに今それこそ国民が混乱したかもと。

このような見立てであるということでした。

Re: ブレグジット問題

Fionaさん、詳しくお伝えくださりありがとうございます。

本当に大混乱でやれやれ…って思っていましたが、「民主主義として間違っていないやり方」という石川さんの意見をうかがい、はっとしました。
週末にロンドンでは、投票のやり直しを求めて数十万人の一般市民が行進しました。それも民主主義だからこそなんですよね、考えてみれば。独裁者が決めてしまって、そういうことも許さない空気になってしまうと、過激な反対が起こってしまいますから。
議会も一般市民も、いろいろ意見を言って、議論の上で混乱し尽すのは悪くないのかな、と思いました。

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売

おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

イベントのお知らせ
島根県松江市にてトーク・イベント予定
2019年11~12月頃
→詳細は追ってお知らせいたします!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram  

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ