fc2ブログ

ベルファースト取材とパブでの楽しい夜

TVロケ2日目。今日は終日ベルファーストにて、北アイルランド紛争の傷跡が残る地域や、和平協定から20年経った現在の様子を取材していただきました。

belfasttroblefilming02192
北アイルランド自治議会堂、ストーモントハウス(Stormont House)。北アイルランド自治政府は2017年1月に2大政党がもめて機能が停止し、現在も復活していません…。春を告げるクロッカスの花が咲き乱れていましたが、議会の春はいつ来るのやら…

…とここまで書いたところで夕食時間に。もうちょっと取材した場所についてご紹介するつもりでしたが、食後にパブに立ち寄ったらバンドの演奏が思いがけず素晴らしく、すっかり盛り上がり、長居してしまいました(笑)。

fibbersmaggiebelfast0219
毎日音楽演奏のあるベルファーストのシティセンターのパブ、フィビィー・マギー(Fibber Maggee, Robinson Barの裏、Great Victoria Street)。このあと地元の人たちと戯れ、私もTVクルーも踊ってしまった!(笑)

そんなわけで、明日も早いので、今日はもう寝ることにします。
クルーのお2人が本場のアイリッシュ・パブ体験を喜んでくださって良かった。そして、昼間取材した街の負の歴史も含めてベルファーストという街に愛着がわいた、と言ってくださり、とても嬉しく思いました。
関連記事

コメント

rice

パブ
いつも楽しく拝見させていただきます。
ベルファーストでは、盛り上がりましたね!
楽しそう🎶

ところで、ナオコさんの一番のパブはどちらですか?

naokoguide

Re: パブ
riceさん、いつもありがとうございます。

そうですね、この地域ならこのパブ…といった具合に、国内にお気に入りがたくさんありますし、それぞれ特徴があるのでここが一番…というのは言えないかも。
純粋なアイリッシュ・パブ体験として、過去10年でいちばん楽しかった夜…ということで言えば、WestportのMatt Molloy、StrandhillのStrand Bar、DingleのDick Mackかなあ。
でも、それらのパブもいつも同じではないので、このパブが一番というより、その夜が一番!…ということだと思います。その晩に一緒に居合わせた人、音楽など、いろいろな偶然がひとつになって起こるものなので、同じ夜はないんですよね。そう考えるとパブ体験って実は深いなあ…なんて思ってしまいました(笑)。


非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

【新規】オンライン講演!
『赤毛のアン』で歩くケルトの島・アイルランド
2022年1月14日(金)16:00~
詳細・お申込み→こちら

福岡市にて講演!
2021年4月24日(日)

→詳細は追ってお知らせします!

オンライン講座配信
見逃し配信ご購入可!
2020年6~8月・全6回→こちら
2020年12月・特別回→こちら
新規講座! →詳細決まり次第お知らせいたします!

カレンダー

12 | 2022/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ