FC2ブログ

コーヒーとどっちが黒い?

スリランカでのサーフィン休暇から帰ってきて、早1週間。
今日は、一緒に旅したディヴィッドとアンマリーと行きつけのカフェ、フンバリー(The Fumbally, Dublin 8)で落ち合い、旅の思い出を振り返りながらランチを楽しみました。

…で、さかんに話題になったのが、真っ黒に日焼けした私の肌。とくに顔。自分で言うのもなんですが、スゴイ色してます(笑)。
これまでもトロピカルな場所でサーフィンしてこんがり焦げて帰って来たことが何度もあるので、身近な友人は今さら驚いてもいないと思いますが、それでも、「チョコレートを顔にぬりたくったみたいー」とか、「Twix(トッウィクス=こちらでポピュラーなチョコレート・バー)食べたくなる~」などと言われ、苦笑。
直射日光に当たると火傷になってしまう純白人のアイルランド人は、一生かかってもこういう色にはなりません。うらやましがられているのかなーと思い、「こんな色になってみたい?」と聞くと、みな無言(笑)。

fumballycasesaturday0119
カフェのテーブルで黒さ比べ♪ コーヒーと同じくらい? 積み木よりは白いかなー

ちなみに、こういう色になってしまったら、お化粧はほとんどできません。ファンデーションは白浮きしてしまい、普段使っている茶系のアイシャドウは肌の方が色が濃いのでつけても見えない(笑)。色を入れるとギャルメイクみたいになってしまいますしね。(この歳で大きな声では言えませんが、お化粧の手間が省けて楽で~す♪)
日照時間の短い、曇りがちの冬のアイルランドにいれば数週間で色が薄れるでしょうからあまり気にしていませんが、冬のファッションが似合わなすぎて、我ながら吹き出してしまうほどです(笑)。

関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

オンラインセミナー開講!
2020年12月19日(土)
20時~・75分間・見逃し配信あり
詳細・お申込み→ こちら

★岡山市にて講演
2020年10月

→2021年度に延期となりました

★福岡市にて講演
2020年12月

→2021年度に延期となりました

カレンダー

11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ