FC2ブログ

記事一覧

ストランドヒルで2019年の幕開け!

knocknaree1218
大晦日のハイキング。ノックナリー(Knocknarea, Co. Sligo)山頂にて

昨年に続き、今年も友人たちとストランドヒル(Strandhill, Co. Sligo)でにぎやかに年越しをしてきました。
日中10度越えのマイルドな気候の年末年始。大晦日の一日前から行き、サーフィンしたり、ハイキングしたり。

bluerocknewyearsday0119
ストランドヒル海岸のブルーロック(Blue Rock)というポイント。元旦の午後、ライトがきれいに割れていい波でした!

knocknaree12182
大晦日には昨年同様、ノックナリーへ登りました。山道の途中でストランドヒル海岸を眺めながらひと休み。(過去ブログ→ノックナリーのクィーン・メイヴ・トレイル

大晦日のディナーは親しい友人たちとテーブルを囲みました。アイルランドではクリスマスは家庭で過ごしますが、年越しは恋人や友達との社交の機会です。

thevenuedinner1218
べニュー(The Venue, Strandhill, Co. Sligo)にて、気の置けない仲間たちとの楽しく温かなひととき。2年半前にここストランドヒルで挙式したロレイン&ダニーのベイビー、カラちゃんも早1歳8か月に。ちなみにこの子は私のバースデー・ツイン

食後はパブへ移動してカウントダウン。昨年も楽しい年越しをした海辺のストランド・バー(Strand Bar, Co. Sligo)でさらに友人知人と合流して、にぎやかに新年を迎えました。

strandcountdown12182
パブでは23時頃からバンドが登場、ダンス・フロアーに様変わり!

この踊りながら迎える新年は最高に楽しいです。カウントダウンが終わった瞬間、フロアーにいる人と次々にハグしながら「ハッピーニューイヤー!」を連呼。続いて、知り合いでも知り合いでなくとも、とにかく隣りにいる人と手をつなぎ、輪になって「蛍の光」を大合唱するのです。(そういえば日本では年が明ける前に歌いますが、こちらでは明けてからですね)
この時、みんな一緒に新年を迎えているんだ…という不思議な連帯感&高揚感がこみあげてきて、「ホ~タルの光~、窓のゆ~き~!」と日本語で思い切り熱唱したら、感極まって涙が出てしまいました(笑)。

もしも新年を独り寂しく迎えている人がいたら、ストランドバーで一緒に過ごしましょう!と、世界に向かって叫びたいような、そんな気持ちで迎えた新年の幕開け。
皆さん、2019年も素敵な年にしていきましょう!

strandcountdown12182
ストランド・バーの入り口ドア。普通は「ギネス」と書かれるところが「サーフィン」になった、「SURFING is good for you(サーフィンはからだにいい)」のロゴに注目(笑)

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売

おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

イベントのお知らせ
出張ケルト市 in ねりま
2018年12月2日(日)13:00~17:00
練馬文化センター(入場無料)
14:00~サイン会します♪
→ご来場ありがとうございました!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram  

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ