fc2ブログ

21世紀のラウンド・タワー(ダブリン・スパイア)

ここ数年、10月のアイルランドの天候がとても安定しているような気がします。
今日のダブリンも抜けるような青空!

spiredublin
Henry St.より

空を突き刺すように伸びるこのモニュメントは、オコンネル通りの真ん中に立つスパイア(Spire)
2003年1月に登場した、1000年の歴史あるダブリンの街ではまだまだ新しいモニュメントのひとつです。

かつてこの場所には、トラファルガーの海戦で知られるネルソン提督を記念した記念塔(Nelson Pillar)がありました。66年にIRAによって爆破されてしまい、その跡地に何かを…ということで建てられたのが、このスパイア。
高さ120メートル(現在のところアイルランド一の高さ)のステンレス製の尖塔に、建設費用400万ユーロ(約6億円)は如何なものか…と批判されつつも、今やすっかりダブリンのランドマークとして定着した様子。

出来た当時はなかなか馴染めなかった私も、ある時、お客様が「21世紀のラウンド・タワーね~」とおっしゃるのを聞いて、そうだったのか~と開眼。
それ以来、新生ダブリンの象徴として親しみがわいてきたのでした~。

ardmorroundtower
12世紀のオリジナル・ラウンド・タワー。アードモア(Ardmore, Co. Waterford)にて今年9月に撮影。

ラウンド・タワー(Round Tower)とは?…アイルランドの初期キリスト教修道院に盛んに建てられた見張り&避難用の円塔。アイルランド独自の建造物として、今も島内に66現存しています。

関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

福岡市にて講演!
2022年4月24日(日)14:00~

★『赤毛のアン』に見るケルト
→終了、ありがとうございました!

東京「春のケルト市」にて講演!
2022年5月3日(火祝)11:00~

★牛とジャガイモと移民の歴史
→終了、ありがとうございました!

オンライン講座配信
見逃し配信ご購入可!
2020年6~8月・全6回→こちら
2020年12月・特別回→こちら
新規講座! →詳細決まり次第お知らせいたします!

カレンダー

04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ