FC2ブログ

記事一覧

ミュージカルになったグレイス・オマーリー

昨日のブログで触れた16世紀アイルランドの海賊の女王・グレイス・オマーリー(Grace O'Malley)のライフ・ストーリーが、なんとミュージカルになりました!

その名も、『The Pirate Queen(ザ・パイレート・クイーン)』。『Riverdance』のプロデューサー&ディレクターによる新作ミュージカルです。

piratequeen
The Pirate Queen公式サイトより)

2007年4月のブロードウェイ上演に先駆けて、只今シカゴでプレミア上演中。(11/26まで)
ダンスや音楽はもちろんのこと、グレイス・オマーリー・ファンの私としては、一体どんなストーリーなのか興味津々。シカゴは無理でも、来年のニューヨーク行きを計画しようかと本気で思ったりして…!

原作は、ダブリン在住の女流作家Morgan Llywelynのこの小説です。

grania
Grania:She-King of the Irish Seas

何やらちょっと漫画チックな表紙ですが、どうやらティーン向けの小説のようです。

「Grania(グラーニャ)」とはグレイスのアイリッシュ名なのですが、アイルランドでよく知られる彼女のニックネームは「グラニュウェル(Granuaile=禿のグラーニャ)」。それには、こんなエピソードがあります。

子供の頃から男勝りだったグラーニャ、ある日、父親について航海に出る許しを請うため、男装して髪を丸坊主に刈って家族の前に現れました
大笑いした家族は、小さなグラーニャを「グラニュウェル=禿のグラーニャ」と呼び、父のお供としてスペイン航海へ出ることを許可、その船上で敵に襲われそうになった父親の命を見事に救い、度胸満点なところを見せつけたそうです。

当時は完全なアイリッシュ・スピーキングだったアイルランド西海岸、グラニュウェルは英語は全く話しませんでした。
晩年に英国女王エリザベスⅠ世に謁見した際、2人はなんと、ラテン語で会話をして意気投合したようです。(この時も、やはり丸坊主だったのかしら…?)

こんな数々のエピソードも、ミュージカルに登場するのでしょうかね~。
すぐに観に行けないのが残念ですが、とりあえずはLlywelyn女史の原作本でも手に入れて、グラーニャウェル・ワールドにひたろうかと思います!

※関連ブログ:「海賊の女王」の怒りをかった城(グレイス・オマーリーのエピソード)

関連記事

スポンサーリンク

コメント

私の行ってた語学学校の女性オーナーの名前もGrania。典型的なアイリッシュウーマン。そしてやっぱりたくましい(性格も見ためも)。この女海賊の記事を読んで、何となく、このオーナーを思い出してしまいました(確かナオコさんも会ったことありましたよね?)。。ミュージカル鑑賞記楽しみにしてますね♪

早速ビデオクリップをチェックしました!
音楽は素朴なアイリッシュ音楽って感じね。
アメリカで成功したら日本にも来てくれるかな~?

dublinbooksさんへ

そうでしたね!
ミュージカル、観に行けるように頑張りま~す。

Pearlさんへ

私のヒーロー(ヒロイン?)、グレイス・オマーリーが日本で上演されたら、素敵!!

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

旅のガイドのご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

オンラインセミナー開講!
2020年6月20日(土)~各45分・無料お試し回+全6回
ライブ配信終了・見逃し配信購入→こちら

秋のケルト市「ナオコガイドのどこでもドア」
2020年10月2~4日 東京・巣鴨にて
→無事終了・ありがとうございました!

★岡山市にて講演
2020年10月

→2021年度に延期となりました

★福岡市にて講演
2020年12月

→2021年度に延期となりました

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram  

ブログ内検索

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ