FC2ブログ

記事一覧

ジョナサン・スウィフトの記念プレート

『ガリバー旅行記』の作者ジョナサン・スウィフトはダブリン生まれ
残念ながら生家は残っておらず、その跡地近くにある記念プレートがこちら。

swift4
(ダブリン城裏手・Ship Street側の出入り口付近。チェスター・ビーティー・ライブラリーがある方)

プレートには、次のように書かれています。

In No.7 HOEY'S COURT
(now demolished)
about 100 feet NW of this spot
it is reputed that
JONATHAN SWIFT,
DEAN of ST PATRICK'S CATEDRAL
was born on the 30th day of Nov 1667.
HE DIED ON THE 19th DAY of OCT 1745.

この場所より100フィート北西の
(今は取り壊された)Hoey Court7番地にて、
1667年11月30日に
聖パトリック大聖堂の司祭長・ジョナサン・スウィフトが
生まれたと言われている。
スウィフトは1745年10月19日に亡くなった。


つまり今日10月19日は、スウィフトの命日!(やいっちさんにコメントをいただき気がつきました。ありがとうございます)
生家の方は残念ながら残っていませんが、スウィフトの墓所は、自らが司祭長を務めていた聖パトリック大聖堂内にあります。(過去ブログをご参照下さい)

また、聖パトリックス大聖堂の斜め向かい(Werburgh St.とGolden Laneの角)には、『ガリバー旅行記』の名場面がずらりと描かれたプレートも。

swift2

swift3

スウィフト・ファンにはたまらないこのプレート、市営住宅の2階部分に何気な~くはめ込まれているのです。

関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

旅のガイドのご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

オンラインセミナー開講!
2020年12月19日(土)20時~75分
詳細・お申込み→こちら

秋のケルト市「ナオコガイドのどこでもドア」
2020年10月2~4日 東京・巣鴨にて
→無事終了・ありがとうございました!

★岡山市にて講演
2020年10月

→2021年度に延期となりました

★福岡市にて講演
2020年12月

→2021年度に延期となりました

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram  

ブログ内検索

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ