FC2ブログ

記事一覧

ブルーナボーニャのもうひとつの巨石遺跡、ダウス

このところ、古代の巨石遺跡に関するご案内が続いています。

dowth0918
久しぶりにダウスを訪ねました…

ユネスコ世界遺産に指定されているブルーナボーニャ(Bru Na Boinne, Co. Meath)には大小合わせて40(7月に発見されたものも含めると41になりますね)の新石器時代の遺跡が密集していますが、そのうち大型古墳が3つ。有名なニューグレンジ(Newgrange)、ナウス(Knowth)は見学する人が絶えませんが、3つ目の巨石古墳ダウス(Dowth)は訪れる人も少なく、野にうずまるようにひっそりとしています。

dowth09186
案内板に描かれた絵の通り、マウンドの真ん中はクレーターのように沈んでしまっています

ニューグレンジは60~70年代に、ナウスは80年代に大掛かりな調査と修復が行われていますが、ダウスは1847年に発掘調査を行って以来、大きな作業はほとんどおこなれていないようです。敷地には自由に立ち入ることが出来ますが、ほかの2か所で行われているようなガイド付きツアーもなく、墓の中にも入ることが出来ません。

dowth09183
ダウスには西向きの羨道墓が2つ発見されています。墓の入り口にはヒツジの群れが…

dowth09184
入り口はしっかり鍵がかかっていて、中を見ることが出来ないのが残念。正面の縁石には渦巻模様が見て取れます

dowth09182
こちらは羨道が長い方の墓の入り口。鉄格子の内側にカメラを入れて撮影してみましたが、入り口付近からすぐに湾曲しているようで玄室までは見えませんでした

ニューグレンジは冬至の頃の朝の太陽光が玄室に差し込むことで知られますが、ダウスは11~2月の冬の4か月間、日の入り時刻の光が差し込むよう設計されていることがわかっています。長い時は2時間も光が入り、玄室にある模様のある石が照らし出されるのだとか。
ここの模様にはロッククルーのケアンTに見られるようなレモンやオレンジの輪切りみたいなデザインが多く、縁石のひとつにはっきり見て取れるものがありました。

dowth09186
写真だととてもわかりにくいですが、拡大して目をこらしてみてください。近頃、渦巻きよりもこのタイプの模様に妙に魅かれるんです…

ほかの遺跡に比べて人が少なく、朽ち果てた感があるからでしょうか。ニューグレンジやナウスが考古学的、天文学的に興味深いの対し、ここは学術的興味より聖地…といった趣きが強く感じられる場所です。

dowth09185
マウンドの上に巨木が。根っこがマウンドをダメにしてしまいそうで心配になりながらも、5000年もの古い史跡の上にすくすく育っている巨木の大胆さ、奔放さに、並々ならぬエネルギーを感じました

dowth09187
周囲の景色はのどかそのもの

太陽が低く差す冬の日に、光が羨道に差し込む様子を見てみたいものです。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売

おかげさまで重版決定
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

イベントのお知らせ
スケジュールが決まり次第、お知らせいたします!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。
Instagram

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ