FC2ブログ

記事一覧

ポーランド&オランダの旅① ヨハネパウロ2世の出身地、クラクフにて

krakow0818
クラクフ旧市街のカフェで楽しい朝ごはん♪ドーナツ状のものは「オブヴァジャネク」というベーグルとプレッツェルを足して2で割ったようなクラクフ名物のパンをサンドイッチにしたもの。モチモチ感がたまらなくおいしい~

2年に一度、旅のお供をさせていただいているお客様グループのご案内で、ポーランドのクラクフに来ています。
今日は太陽がさんさんと注ぐ真夏の旧市街を楽しく散策。

krakow081812
旧市街の中央広場。2頭立ての馬車があちらこちらを走り、かつて王族や貴族たちが闊歩した華やかな様子がしのばれます

krakow08185
素敵な装飾が街のいたるところに。路地に面したカフェの外壁に本棚が彫刻されてた!

今ダブリンは、週末に予定されている約40年ぶりのローマ法王のご訪問の話題で持ち切りですが、法王と言えば、前回ダブリンにいらしたヨハネ・パウロ2世はここクラクフ出身でした。

krakow081811
宿泊しているホテルの近くにあるカトリック教会は、ヨハネ・パウロ2世がクラクフを訪れた際に必ずミサをあげた教会だそう。法王の大きな顔写真が

krakow08186
本棚の彫刻のカフェで暑さしのぎに休憩し、ヨハネ・パウロ2世が好きだったという「クレムフカ」というケーキをこの街の人がよく飲むレモネードと一緒にいただきました

krakow08187
王宮近くでヨハネ・パウロⅡ世の家も発見

お土産ショッピングも楽しいクラクフ。民芸調の小物が素敵です。

krakow08188
こんな可愛いポストカードを何枚も柄違いで買ってしまいました

krakow08189
スポンジワークの陶器。オーブンで焼きリンゴが作れるリンゴ型の陶器を購入

krakow081810
食事もおいしい!気に入って毎日食べてるポーランド風餃子「ピエロギ」

ポーランドへ来るのは24年ぶり。
当時はまだ共産圏の雰囲気がただよい、クラクフには琥珀のアクセサリーの店ばかりが多かったように記憶しているのですが、今やそれもすっかり変わったのですね。
歴史の玉手箱みたいな街並みは堂々とした観光地の風格を備えつつ、21世紀のヨーロッパの都市へと素敵に変貌を遂げていました。

今回の旅は2か国にわたり、明日は早朝にアムステルダムへ向かいます!
クラクフ、とても気にいつてしまったので、またピエロギを食べに来たいと思います〜♪

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

旅のガイドのご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

★島根県松江市にてトーク・イベント
2019年11月24日(日)14:00~16:00
会場:松江城内 興雲閣
詳細&ご予約はこちら絶景とファンタジーの島 アイルランドへ Talk plus Music
関連ブログ記事→こちら

★東京都内にてトーク・イベント
2020年1月11日(土)14:00~16:30
会場:ワテラスコモンホール
詳細&ご予約はこちらアイルランド旅フェア「現地ガイドが語る、ヨーロッパ最果ての島アイルランドへの誘い ~ケルト、妖精、イエーツゆかりの地を巡る~」
関連ブログ記事→こちら

★東京都内にてトーク・イベント
2020年1月12日(日)13:30~15:30
会場:土屋グループ銀座ショールーム
詳細&ご予約はこちら旅カルチャー講座 第17回 『絶景とファンタジーの島 アイルランドへ行こう!』
関連ブログ記事→こちら

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram  

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ