FC2ブログ

記事一覧

子羊の耳?「ラムズイヤー」

マクロス・ハウス(Mucross House, Killarney, Co. Kerry)の庭園を散策していて見つけた、ラムズイヤー(Lamb's Ear)。

lambsear0718
シソ科のハーブで、葉には香りがあります

「子羊の耳」という名前の由来は、ほんのり香るその葉っぱ。
白い毛で覆われた葉はふわふわで触ると気持ちよく、子羊のぬいぐるみの耳にこのまま採用できそう~。

lambsear07182
お客様とご一緒に葉っぱに触り、「気持ちいい~」を連発(笑)

このネーミング、素晴らしいですよね。
子羊の耳って実際に触ったことはないけれど、まさにこんな感じ…と誰も想像しているとおりの触り心地。ヒツジ大国のアイルランドでは、より説得力あり、です(笑)。
植物の名には「どうしてコレにこの名前?」と思うようなものもありますが、これはどんぴしゃり。響きも可愛いし、よくぞ付けてくれました!と命名者に伝えたいくらいです。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売

おかげさまで重版決定
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

イベントのお知らせ
スケジュールが決まり次第、お知らせいたします!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。
Instagram

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ