FC2ブログ

記事一覧

アイルランドのお風呂事情…

アイルランド人は毎日湯ぶねにつかるという人はほとんどいなくて、時々リラクゼーションのために利用する人がいるくらい。
シャワーも毎日浴びない人、実は多いかも(笑)。べたべたしない気候なので、身体があまり汚れないのです。
光熱費の節約…のためでもあるかもしれません。

最近はホテルも改装時にバスタブを取り払ってしまって、シャワー・ルームを取り付けるところが出てきました。
その方が合理的で、バス・ルームも広々使えるからでしょう。

私は自宅にそもそもバスタブがなく、普段はシャワーのみで暮らしています。
温泉地で育ったというのにお風呂文化に馴染めず、バスタブがなくても気にならない方。湯ぶねにつかるのは、ツアー中のホテル暮らしの時の楽しみにしています。

beppunoyu0718
今日から周遊ツアーのご案内。明日泊まるホテルの部屋はバスタブがない可能性大なので、今晩は別府温泉で楽しませていただきました♪(先日、添乗員さんからいただいたもの。ありがとうございます)

連日の熱波でアイルランドは深刻な水不足に陥っているので、浴槽になみなみお湯をためるのはやめて、足湯プラス…程度の水量でディップ。
ああ、それでもリラックスしますね~。やっぱり日本人だなあ、と思った瞬間でした(笑)。

関連記事

スポンサーリンク

コメント

驚き!

ホテルからバスタブが無くなる傾向?なのですか?日本人としては残念です(>_<)

Re: 驚き!

そうみたいです、今年になって改装してバスタブをなくしてシャワールームを設置したというホテルに2件遭遇しました。
まだまだバスタブがある方が多いですけれどね。

連日の好天気による水不足で、今、地域によってはトイレを流す水まで節約しているくらいなので、この夏はバスタブがあっても入る気分にはならないですが…。

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

旅のガイドのご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

秋のケルト市「ナオコガイドのどこでもドア」
2020年10月2~4日 東京・巣鴨にて
各日15時~ダブリンよりオンライン参加!
→詳細・入場予約はこちら

オンラインセミナー開講!
2020年6月20日(土)~
各45分・無料お試し回+全6回
→詳細&お申込みはこちら
(ライブ配信終了、見逃し配信購入可能)

★岡山市にて講演
2020年10月

→2021年度に延期となりました

★福岡市にて講演
2020年12月

→2021年度に延期となりました

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram  

ブログ内検索

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ