FC2ブログ

サーフ・タウンの新レストラン、ストークド(ストランドヒル)

週末のストランドヒルでのキャンプ中、馴染みの海辺のパブ、ストランド・バーThe Strand, Strandhill, Co. Sligo)上階に新しくオープンしたレストランへ行ってみました。

Stoked(ストークド)
Shore road, Strandhill, Co. Sligo.
(071) 912 2734
17:00~22:00、月休

storkedstrandhill0618
サーファー一家が経営する店とあって、内装も波や魚のさわやかなイメージ

storkedstrandhill06181
窓からはストランドヒルのお気に入りカフェ、シェルズ(Shells)が見えます。食事を始めたのは夜9時過ぎでしたがこの明るさ!

「stoked(ストークド)」とは、「興奮した」とか「ワクワクした」とかいった意味。
もともとカリフォルニアのサーファーたちが使い始めたスラングだそうで、「excited」の若者言葉…といったところでしょうか。アイルランドではあまり聞きませんが(もしくは、私たち世代が使わないだけ?笑)、何か誘いを受けりしたら、「I'm pretty stoked!」=「超楽しみ!」…などと受け答えするのでしょうか。

そのとおり、お腹ペコペコで超楽しみ!…に出かけた私たち。
メニューはすべてタパス・ポーション(小皿料理)なので、ひとり2皿注文してちょうどいい具合。オリジナリティーあふれる期待を裏切らない料理の数々に、まさに、stoked!でした。

storkedstrandhill06182
サバ好きのディヴィッドと私が飛びついたのは、燻製サバのサラダ仕立て。サワードウのパンの上にのっています

storkedstrandhill06183
アジアンな甘目の味付けの豚バラ肉。肉まんの皮みたいな生地にはさまれています。ストランド・バーの上階にもうひとつあるレストランが中華なので、その影響?

storkedstrandhill06185
友人クリスティーンが注文したニョッキもおいしそう。野菜がいっぱい

storkedstrandhill06184
そしてデザート。旬のイチゴとスポンジ、ゼリーがレイヤーになっている、なんともおいしいものでした。スプーンたくさんでみんなでシェア♪

ストランドヒルには前述のシェルズあり、ドラフトハウス(Draft House)あり、アイスクリームのおいしいマミー・ジョンストンズあり…と、小さな海辺のビレッジながらおいしいものがいっぱい。
サーフィンとグルメが一体になった、活気あるユニークなシーサイド・タウンです。

storkedstrandhill06186
サーフボードが飾られた、居心地のいい店内

関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

★オンライン講座配信
見逃し配信ご購入可!
2020年6~8月・全6回→こちら
2020年12月・特別回→こちら

★岡山市にて講演
2020年10月

→2021年度に延期となりました

★福岡市にて講演
2020年12月

→2021年度に延期となりました

カレンダー

12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ