FC2ブログ

記事一覧

新時代のおしゃれなウィスキー、ティーリング蒸留所

2015年、ダブリンに125年ぶりに新たに出来たウィスキー蒸留所、ティーリング(Teeling Whiskey Co., Dublin 8)。
(過去ブログ参照→ティーリング・ウィスキー蒸留所
オープンから3年目を迎え、新たなブランドやグッズを開発したり、イベント用のプライベート・ルームを新設したりと好調の様子。
今日は、先日観光関係のイベントで顔を合わせた担当者に呼ばれて、カジュアルなミーティングに出かけて来ました。(自宅の近所でもあるのです!)

Teelingwhiskey06184
見学ツアーで見ることの出来る蒸留所。3つのポットスティル(蒸留窯)にはオーナーの3人の娘の名がつけられているそう。写真のものは「ナタリー」

Teelingwhiskey06182
ぶくぶくと泡をたてて発酵中の麦汁

近頃、ウィスキー流行りのせいか、はたまた年齢のせいか(笑)、親しい友人たちが以前よりウィスキーを愛飲するようになってきました。
私はあまり飲めないのですが、ウィスキーは割と好き。ティーリングは値段が手ごろな割にはおいしいので、サーフ仲間と宿泊するときなどに持参するのは、このところいつもティーリング・スモールバッチのボトルです。
スムーズすぎず、ちょっぴりだけ喉にピリリとくるのがいい感じなのです。

Teelingwhiskey06183
メイド・イン・アイルランドの選りすぐりの生産者とコラボした商品がショップに置かれているのも特徴。蒸留所限定、ビール樽で熟成させたウィスキーもあり

Teelingwhiskey0618
こちらはウィスキー風味のシー・ソルト!

Teelingwhiskeyicecream0618
カフェにあるウィスキー風味のアイスクリームもお気に入り♪

暮らしに溶け込んだ新感覚のウィスキー蒸留所として、観光名所としてだけでなく、地元民の憩いの場としても定着しつつあるようです。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売

おかげさまで重版決定
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

イベントのお知らせ
スケジュールが決まり次第、お知らせいたします!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。
Instagram

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ