記事一覧

古城でアフタヌーン・ティー(アードギラン・キャッスル)

紅茶をテーマにしたツアーさんのご案内。
ダブリン近郊の古城、アードギラン・キャッスル(Ardgillan Castle, Balbriggan, Co. Dublin)にて、アフタヌーン・ティーを楽しみました。

afternoonteaardgillan0618
城内のキッチンで焼き立てのスコーン。イチゴとクリームがのっているのはビクトリア・スポンジ・ケーキ♪

afternoonteaardgillan06182
総勢10名でずらりアフタヌーン・ティー。アイルランドのモチモチ食パンと新鮮な具材のサンドイッチも美味でした

ダブリン市内の高級ホテルでの今どきのアフタヌーン・ティーは、趣向を凝らしたケーキがいっぱい並びますが、食事代わりにしっかりいただくにはこんな素朴な方がいいですね。
紅茶も特に凝るわけでもなく、庶民に愛されるバリーズ・ティー(Barry's Tea)のティーバッグでした(笑)。

18世紀築城のこの城は、鄙びた雰囲気と海が見えるロケーションが素晴らしく、数ある古城の中でも私が特に気に入っているもののひとつ。
広大な敷地には森の中の散歩道やローズ・ガーデンもあり、結婚式や各種イベントにも開かれています。アフタヌーン・ティーはグループでの特別な予約が必要ですが、城内の常設カフェで同様のスコーンやサンドイッチ、軽食がいただけます。

afternoonteaardgillan06185
手前は緑の草地、背後は海と空!城の前に一列に並んで植えられている木は、アイルランド減産の縦に伸びるイチイの木です

afternoonteaardgillan06183
アフタヌーン・ティーのあとにローズ・ガーデンを散策。我が家のバラは一番花がそろそろ終わりかけですが、ここはまだまだ5分咲き…といった様子でした

城内は見学ツアー(有料)で見ることも出来ます。
(今日は入場しなかったので、写真は今年2月に来た時に撮影したもの)

ardgillancastle20182
城のライブラリー。書棚の中には隠し扉もあり

ardgillancastle2018
キッチンには今では使われなくなった珍しい道具もいろいろ。左は鉄製アイロン、右の商店街のおみくじみたいな円形のものは、ナイフ研ぎ機です!(上部にナイフを刺して、取っ手をくるくる回す)

ardgillancastlefairytrailwinter2018
こちらも2月に撮影したものですが、森の中にはフェアリー・トレイルもあります

ダブリン市街地から車で30~40分。城の見学と森の中の散歩を楽しみ、海を眺めてお茶もいただける、知られざる名所のひとつです。

afternoonteaardgillan06184
アイリッシュ海を一望できます

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売

好評につき重版決定
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

イベントのお知らせ
スケジュールが決まり次第、お知らせいたします!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。
Instagram

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ