fc2ブログ

城塞都市デリーのブティック・ホテル

shipquayhotelderry05186
ホテル入り口はデリー城内のダイヤモンド(街の中心のスクエア)近く

かつては北アイルランド紛争のイメージが濃く、暗い印象だったデリー/ロンドンデリー(Derry/Londonderry, Northern Ireland)の街ですが、最近ではおしゃれなカフェやレストランが次々にオープンし、活気あるウォールド・シティー(=城壁に囲まれた街)に生まれ変わっています。

今回は女性お2人様のご案内ということで、ホテルも女性好みの宿を選ばせていただいていますが、デリーでは昨年7月にオープンしたばかりのシップキー・ブティック・ホテル(Shipquay Boutique Hotel)にご宿泊いただきました。
一周1.5キロの城壁の中にあり、街を感じられる、全21室のこじんまりしたおしゃれな宿です。

shipquayhotelderry05183
チェックイン時にはウェルカム・シャンペンのサービス、お部屋に入るとおいしそうなお菓子も♪

shipquayhotelderry05185
シャワーのみの部屋が多い中、お客様のプレミアム・ファミリー・ルームは猫足のバスタブ付き

お部屋の写真は撮り忘れてしまったので、ホテルのサイトのギャラリー参照。→Shipquay Hotel Image Gallery

朝食もアイルランドの多くのホテル同様、たっぷり。朝からテンションあがります♪

shipquayhotelderry05182
ジュース、フルーツ、シリアル、チーズ、ハム、スモークサーモン、クロワッサンなどのパンがブュッフェにずらり。卵やソーセージなど朝食のメインコースは注文すると運んできてくれます

shipquayhotelderry0518
お客様のご出発の準備を待つ間、街を眺めながらコーヒーをもう一杯

これまで個人的にはホテル不毛地帯だなあ、と感じていたデリー/ロンドンデリーの街。
こんな素敵なホテルがあるのなら、女子旅向きの街として紹介出来るかも、と認識を新たにしたのでした。

shipquayhotelderry05187
5月の新緑に映える白壁のホテル
関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

福岡市にて講演!
2022年4月24日(日)14:00~

★『赤毛のアン』に見るケルト
→終了、ありがとうございました!

東京「春のケルト市」にて講演!
2022年5月3日(火祝)11:00~

★牛とジャガイモと移民の歴史
→終了、ありがとうございました!

オンライン講座配信
見逃し配信ご購入可!
2020年6~8月・全6回→こちら
2020年12月・特別回→こちら
新規講座! →詳細決まり次第お知らせいたします!

カレンダー

04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ