FC2ブログ

Wild Irish Women!!

私の本棚には、仕事柄、アイルランドの歴史や文学、地形、ワイルドライフなどに関する本がずらり。
折に触れて手にとっては必要な箇所を読み返すのですが、今日、あることを調べたくてページを開いたところ、すっかり夢中になって読みふけってしまったのがこの本。

Wild Irish Women by Marian Broderick
wildirishwomen

数年前、ガイド仲間のマイケルに薦められ手に取って以来ずっと愛読している、私のお気に入りの一冊です。

内容は、さまざまな時代、さまざまな分野で活躍したアイルランドの歴史上の女性たちの生涯を紹介したもの。
項目別に71人の女性が取り上げられており、一人につき数ページで完結するのが嬉しい~。伝記好き、アイルランド好き、女性の生涯に興味あり、でもあんまり長いのはイヤ、という私には、まさにこういう本が欲しかったの~といった感激の一冊でした。
読みやすい英語で、歴史が好き、人が好き!といった若い著者の情熱が伝わってくるような文章です。

著者は、リマリックとドネゴール出身のご両親のもと、自身はロンドンで生まれ育ったという女性。
「アイルランド史」と「女性学」という、2つの得意分野をミックスさせたらこの本が出来たそうで、これが初めての単行本だそうです。

紹介されている女性たちをざっと挙げてみますと…

ケルト時代の伝説の女王メイヴ
アイルランド初の女子修道院を建立した聖女ブリジット
キルケニーの魔女アリス・キトラー
(私の大好きな!)海賊の女王グレース・オマーリー
バイエルン王ルードヴィッヒⅠ世の美人画ギャラリーに飾られている踊り子ローラ・モンテス
独立時代の闘士マルケビッチ伯爵夫人
詩人WBイエーツが愛したモード・ゴン
マイケル・コリンズの恋人キティー・キーナン
96年にドラッグ・マフィアの銃弾に倒れたジャーナリスト、ヴェロニカ・ゲラン

…などなど、実に多彩。
そして、必ずしも模範的な偉業を成し遂げた女性ばかりではないところが面白い!

今日読んでいたのは、140歳でサクランボの木から落ちて亡くなったデズモンド公爵夫人カトリン・フィッツジェラルド(1464-1604)のお話。
彼女が住んでいたカウンティー・コークのお城の名がこれまた笑えて、その名もインチキン城(Inchiquin)…読みながら、ひとりで大ウケしてしまいました~。

関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

★オンライン講座配信
見逃し配信ご購入可!
2020年6~8月・全6回→こちら
2020年12月・特別回→こちら

★岡山市にて講演
2020年10月

→2021年度に延期となりました

★福岡市にて講演
2020年12月

→2021年度に延期となりました

カレンダー

12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ