記事一覧

バラの冬剪定

実はこの2~3日、消化機能が完全に壊れて家でふせっていました。
モロッコで友人たちがお腹をこわしていく中、私だけが無事だった♪…なんて喜んでいましたが、どうやら私にも菌が潜伏していたよう。
戻ってきてから10日も経っていたのでまさかと思いましたが、帰国から3週間して嘔吐や下痢に襲われる…なんてケースもあるようなので、単に反応が遅かっただけみたいです。

そんなわけでこの2日間、ほぼ絶食状態で全身完全デトックス(笑)。
今日からやっとヨロヨロと戸外に出始め、ずっと先延ばしにしていた軒下のバラの冬剪定を行いました。

wintersenteiroses0118
何度やっても慣れない剪定ですが、とりあえずおおざっぱに切って、1日おいて細かいところを整えます…

バラの冬剪定はいったいいつするのが適切なのか、未だによくわかりません。
芽が動き出す前に剪定して、樹を休眠させるのがいいのですが、冬の気温が極端に下がらないアイルランドでは植物は休眠のタイミングがわからないらしいのです。

昨年は早く剪定しすぎて春を待たずして芽吹いてしまい、花が咲くころには息切れ気味でした。今年は年明けまで我慢…と触らずにいたら、樹によっては蕾をつけ続け、剪定前に芽吹きが始まってしまった。
ダブリン市内のバラ園などでは年内、それもかなり早い時期に剪定を終えているのですが、冬の間に芽吹いてしまうことなく上手に休眠させているから不思議…。

とりあえず樹形を整えるように剪定して、追肥をして、もうちょっと温かくなったら鉢の中の土をかえてあげようと思います。
植物もあれこれ育て方を考えながら、手塩にかければかけるほどかわいいものですね♪

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売

好評につき重版決定
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

イベントのお知らせ
スケジュールが決まり次第、お知らせいたします!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。
Instagram

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ