fc2ブログ

ダブリンのクリスマス・ライト点灯!

日本から来られているお知り合いの方をお迎えに市内の高級ホテルへ。クリスマスの飾りつけが見事で、まるでおとぎの国に迷い込んだかのよう。
一気にクリスマス・ムードが高まりました。

raddisonsthelen11172
扉にかけられた豪華なリース、「ようこそ、クリスマス!」と迎え入れているかのよう(Radisson Blu St. Helen's Hotelにて)

raddisonsthelen11171
立派なクリスマス・ツリー!

終日郊外で過ごしたあと、夕方にダブリンのシティセンターでクリスマス・ライトの点灯が行われると聞いていたのでお誘いして出かけてみました。
人ごみをかきわけてグラフトン通り(Grafton Street, Dublin 2)にたどり着くと、まさにカウントダウンが始まるところ。大勢の人たちに交じって、ライトが一斉にオンになる瞬間を見ました。

graftonstreetxmaslightson1117
ダブリン・シティのクリスマス開始!

昨年までは商店街ごとに別々に点灯式をしていたのですが、今年はサウスサイドの中心グラフトン通りと、ノースサイドの中心オコンネル通り&ヘンリー通りがジョイントして、街全体で一気にライトをオン。
私たちは人ごみでよく見えなかったのですが、クリスマス行列の山車も出ていました。

オコンネル通りのクリスマス・ツリーまで歩いて見に行きたかったのですが、人が多すぎて断念。
代わりに周辺の商店街のライトを見ながらそぞろ歩き、パブでひと休みして気分を味わいました。

graftonstreetxmaslightson11172
「Nollaig Shona Duit」はアイルランド語の「メリークリスマス」の意味

stagheadxmas1117
パブの店内もすっかりクリスマス仕様(Stag Headにて)

これからクリスマスまでのダブリンは、おとぎの国に早変わり。街全体がクリスマスの飾りやライトに覆われます。
パリやロンドンに比べてダブリンの冬はマイルドですし、この時期ヨーロッパでシティ・ブレイクするなら、ダブリンはお勧めです!


関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

福岡市にて講演!
2022年4月24日(日)14:00~

★『赤毛のアン』に見るケルト
→終了、ありがとうございました!

東京「春のケルト市」にて講演!
2022年5月3日(火祝)11:00~

★牛とジャガイモと移民の歴史
→終了、ありがとうございました!

オンライン講座配信
見逃し配信ご購入可!
2020年6~8月・全6回→こちら
2020年12月・特別回→こちら
新規講座! →詳細決まり次第お知らせいたします!

カレンダー

05 | 2022/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ