記事一覧

ビューリーズ・カフェ、再オープン

ダブリンのグラフトン・ストリート(Grafton Street, Dublin 1)のランドマークとして長きにわたり愛されてきたビューリーズ・カフェ(Bewley's Cafe)。
改装工事のため長い間閉鎖していましたが、昨日晴れて再オープンし、ダブリン市民におなじみの「オリエンタル・カフェ」の外観が1000日ぶりにグラフトン・ストリートにお目見えしました。
(昨日のアイリッシュ・ライムズ紙→First look: Bewley’s on Grafton Street reopens after €12m renovation

Bewlysreopen1117
1926年創業のダブリン最初のカフェ

一時は経営難で閉鎖し、存続が危ぶまれたこともありました。建物だけでも残してほしい!と市民が署名を募ったことも。
別ブランドのレストランになるなど紆余曲折を経て再びカフェに戻り、今回のリノベーションでは、調度品やメニューを創業当時のオリジナルに近づけることも行われたようです。

再オープンのニュースを聞いて仕事帰りに立ち寄ってみると、なんと長蛇の列!
40分待ちと言われたのでお茶はあきらめましたが、内装だけちらりと見せてもらいました。

Bewlysreopen11172
Bewlysreopen11173
有名なハリー・クラーク(Harry Clarke)のステンドグラスも健在!20世紀初頭のアイルランドのアート・シーンに多大な影響を与えたステンド・グラス作家です(ハリー・クラークに関する過去ブログ:西の果ての島でステンドグラス鑑賞(イニシュマーン)今年のクリスマス切手はハリー・クラーク国立美術館本館、6年ぶりに再オープン

来年までかかって徐々に他のフロアーや、ビューリーズ・シアターなどが再オープンしていくとのこと。
カウンターにはおいしそうなケーキやサンドイッチがずらり並んでいましたので、数週間して、少し落ち着いた頃にまた行ってみたいと思います。

ちなみにビューリーズ社は1840年創業。
東インド会社の崩壊に伴い茶葉の輸入が自由化され、ダブリンにいち早く紅茶を広めたのが、古くはクエーカー教徒としてイギリスからアイルランドに渡ってきたビューリー一族でした。1930年代、中国広東省から茶葉をいっぱいに積んだ船をダブリン港に最初につけたのが、ジョシュア・ビューリーさん。アイルランドの紅茶王のような人ですね。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)5月29日発売

ikarosbook0517
アマゾン
イカロス出版サイト

イベントのお知らせ
秋のケルト市
10月9日(月/祝)浅草ライオンスタジオ

★トークショー「アイルランドの知られざるヒーロー/ヒロインたち」
満員御礼にて無事終了、ありがとうございました!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。2000年よりアイルランド在住。アイルランドでの生活、ガイド業を通してのさまざまな体験を皆さんと共有できたら嬉しく思います。最近の趣味はサーフィンとバラ栽培♪

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ