記事一覧

ローリーズ・ビストロでランチ

rolysbistro11174
やさしいお味のビーフの蒸し煮込み料理

ダブリンに暮らして17年になりますが、私が最初に来た頃はまだレストランの数が少なかったので、当時からあって今も人気を保ち続ける老舗レストランというのは数えるほどしかないように思います。
そのひとつがボールスブリッジにあるローリーズ・ビストロ(Roly's Bistro, Ballsbridge, Dublin 4)。1992年オープン、ダブリンに経済成長が起こり、グルメ・ブームに湧き始める2000年代以前より定評を保つ、いつ行っても安心なレストランです。

rolysbistro1117
ボールスブリッジは各国の大使館も多くあるハイソな土地柄。落ち着いた客層が多いのも特徴

ここの3コースのランチは25ユーロなのですが、友人が安く食べられるバウチャーがあるから…と誘ってくれて、一緒においしいランチをいただきました。

rolysbistro11172
迷いに迷い決めたスターターはカモ肉のパイ包み。パリパリの薄い皮を開くと、しっかり味付けされたジューシーなカモ肉が

rolysbistro11173
友人のチョイスはヤギのチーズとカボチャのサラダ。ザクロやトマトも入ってさわやかな感じ

メインコースはいつもだったら迷わずステーキ!なのですが(笑)、木の葉の色づく季節柄でしょうか、煮込み料理に惹かれ、こちらにしてみました。

rolysbistro11176
ビーフ・ブルギニョンといって、蒸したビーフの塊を赤ワインで煮込んだお料理。とろけそうなお肉が幸せの味♪

rolysbistro11175
デザートはイチゴのアイスクリーム・サンデーを

昔ながらのレストランらしく、味付けがしっかりしているのが特徴。フランスの地方都市のおいしいレストランで食べるみたいな、変わらぬ味付け…とでも言いましょうか。
久しぶりに会う友人と楽しくおしゃべりしながら、素敵なランチ・タイムを満喫させていただきました。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売

好評につき重版決定
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

イベントのお知らせ
スケジュールが決まり次第、お知らせいたします!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。
Instagram

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ