記事一覧

ハロウィーンの起源はアイルランド?

今日10月31日は、ケルト暦での大晦日。
現代ではハロウィーンとして知られていますが、もとは古代ケルト人の年越し祭りサーウィン(Samhain=アイルランド語で「1月」の意)がその起源です。
最近は日本でも仮装イベントが行われるなど定着しつつあるハロウィーンですが、「起源はアイルランド!」とうたい文句が付くことも。現代のハロウィーンの風習の多くは、19世紀にアメリカへ渡ったアイルランド移民により伝えられたものだからです。

ケルト歴の大晦日にあたるこの晩は物事が移り変わり、時間と空間の境目があいまいになると考えられていました。死者の霊が家族に会いに降りてきたり、妖精や魔女が現れるのもこの晩。
それで人々は悪霊や魔物よけに恐ろしい仮面をかぶり、魔よけの焚火(Bonfire)をしました。現代のハロウィーンの仮装パーティーの習慣はここからきたもの。

shellscafehaloween2017
サーフィンのメッカであるストランドヒル(Strandhill, Co. Sligo)のShells Cafeの窓ガラスにかかれたサーフボードを手にしたスケルトン!

ダブリンの下町では今でも各所で焚火がたかれます。ハロウィーンが近づくと爆竹音が鳴り響き、行き過ぎて消防車が出動することもしばしば…!(今、まさに外で爆竹がバンバン鳴っています…)

サーウィンは年越し祭であると同時に、冬ごもりに備える収穫祭のような意味もあったよう。悪魔にとりつかれることなく、食べ物に困ることなく、誰もが安全に冬を越せますように…そんな願いが込められていたのではないかと思います。
「トリック・オア・トリート!」と叫びながら子供たちがお菓子を集めるのは、貧しい人に「ソウルケーキ(Soul Cake)」と呼ばれるお菓子が施されたのが始まり。
そして、昔のアイルランドでは焚火のもとでカブをくり抜き、そこに残り火を入れて持ち帰りました。アメリカに移民したアイルランド人は、カブがないので代わりにカボチャをくり抜きました。ハロウィーンのカボチャのランタンはここから発祥したのですね。

halloween2017
住宅街の民家の戸口に飾られたカボチャ

アイルランド外務省が作成したビデオ。ハロウィーンの起源がアイルランドとされるその理由がわかりやすく説明されています。→Ireland: Home of Hallowe'en(英語)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)5月29日発売

ikarosbook0517
アマゾン
イカロス出版サイト

イベントのお知らせ
秋のケルト市
10月9日(月/祝)浅草ライオンスタジオ

★トークショー「アイルランドの知られざるヒーロー/ヒロインたち」
満員御礼にて無事終了、ありがとうございました!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。2000年よりアイルランド在住。アイルランドでの生活、ガイド業を通してのさまざまな体験を皆さんと共有できたら嬉しく思います。最近の趣味はサーフィンとバラ栽培♪

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ