記事一覧

ノースサイドのおしゃれレストラン、ミスター・フォックス

ダブリンのグルメ・レストランは街の山の手とされるサウスサイドに集中していますが、昨年、ノースサイドに素敵なレストラン、ミスター・フォックス(Mr Fox, Parnell Square, Dublin 1)がオープン。

mrfox09179
18世紀ジョージ王朝期の町屋敷がずらり並ぶパーネル・スクエア。ロトンダ病院の斜め向かい、ブルーのジョージアン・ドアの地下にあります

カジュアルかつ洗練されたモダン・アイリッシュのディッシュで知られるピッグズ・イヤー(Pig's Ear, Nassau Street, Dublin 2)の姉妹店。ノースサイド出身のシェフにちなみ、あえてこの場所を選んだのだとか。
そんな話題のお店へ先日お客様をお連れし、素敵なディナーをご一緒させていただきました。

mrfox091710
店名のフォックス(=キツネ)にちなんだドアノブ

mrfox09173
バーラウンジにはキツネのクッション

mrfox09174
キツネの剥製も!

ジョージ王朝時代の町屋敷の地下はもとはキッチンやメイドさんの部屋でした。
こんな調理ストーヴが店内にそのまま残されているのも素敵。

mrfox091711
オールドファッションなタイル張りがなんともいい感じ

食事の洗練度はピッグズ・イヤーなどサウスサイドの人気レストランに負けず劣らず。旬の食材が見事な味と盛り付けで次々に登場し、楽しませてくれました。

mrfox09175
モッツアレラチーズに古代トマトとバジルを添えて

mrfox09177
ポン酢ソースがかかった牡蠣

mrfox09176
キュウリのガスパッチョと一緒にいただくサバ。レモンとコリアンダーでさっぱり

mrfox0917
メインディッシュはビーフの極上ヒレ肉シャトーブリアンと、ローストラムをシェア。手前のシャトーブリアンは500グラムで本当は2人分だそう!

mrfox09178
こちらはフラットアイロン・ステーキ、ビーフの肩肉です。私がシェアの仲間に入るとみんな分を食べてしまいそうなので、別途自分用に注文しました(笑)。パルメザンチーズがどっさりかかったレタスの付け合わせもおいしかった!

mrfox09172
最後にプティフールのウォルナッツ・ウィップ。何やら意味深な形状に皆さん笑いを噛みしめる…笑

お値段はスターターが一皿10~13ユーロ、メインディッシュが23~26ユーロ。このクラスのダブリのレストランとしてはリーゾナブルなのではないでしょうか。ノースサイド、万歳!


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)5月29日発売

ikarosbook0517
アマゾン
イカロス出版サイト

イベントのお知らせ
秋のケルト市
10月9日(月/祝)浅草ライオンスタジオ

★トークショー「アイルランドの知られざるヒーロー/ヒロインたち」
イベント詳細&お申込みはこちらこちら

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。2000年よりアイルランド在住。アイルランドでの生活、ガイド業を通してのさまざまな体験を皆さんと共有できたら嬉しく思います。最近の趣味はサーフィンとバラ栽培♪

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ