記事一覧

ブルーレインコート劇場で狂言(スライゴ)

blueraincoattheatre0717
スライゴの旧港エリアの工場を改装した、前衛的なシアター・スペース

数年前から盛んに活動しているスライゴの新劇場、ブルーレインコート・シアター(Blue Raincoat Theatre)。狂言形式でのW.B.イエーツの「猫と月」の、イエーツの心の故郷スライゴでの凱旋公演はここで行われました。

blueraincoattheatre07173
上段左&下段真ん中のポスター。狂言公演は、Tread Softlyというスライゴのアート・フェスの目玉の演目。上段左が、ブルーレインコート・シアター一座による「猫と月」のポスター

blueraincoattheatre07176
小さな劇場内のカフェ・スペースがおしゃれ。開演前にくつろぐ人々

blueraincoattheatre07172
お隣りの地元陶芸家のスタジオで制作された趣きあるマグにてコーヒー・タイム。チケットは、ブルーレインコート・シアター一座の「猫と月」のお芝居のもの。昼間にこれを見て、夜は狂言を見たので、同じ原作がこうも違って演じられるのかと興味深かったです

blueraincoattheatre07175
劇場入り口周辺の素朴なハンギングバスケットが可愛い

狂言は、イエーツ作「猫と月」に続き、小泉八雲作の「ちんちん小袴」、そして古典狂言「蟹山伏」の3作が演じられました。狂言を鑑賞するのは初めてでしたが、一気にひきつけられ、面白くて面白くてお腹をかかえて笑ってしまった!
地元スライゴの人々も興味深々で劇場は満席、大いに盛り上がりました。

イエーツと小泉八雲、そして狂言については、後日また書きます。
明日はアイルランド最終公演に向けてウォーターフォードへ移動します。

blueraincoattheatre07174
劇場前の倉庫の壁にはイエーツ、ルイス・キャロルなどの言葉が書かれています

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)5月29日発売

ikarosbook0517
アマゾン
イカロス出版サイト

イベントのお知らせ
秋のケルト市
10月9日(月/祝)浅草ライオンスタジオ

★トークショー「アイルランドの知られざるヒーロー/ヒロインたち」
イベント詳細&お申込みはこちらこちら

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。2000年よりアイルランド在住。アイルランドでの生活、ガイド業を通してのさまざまな体験を皆さんと共有できたら嬉しく思います。最近の趣味はサーフィンとバラ栽培♪

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ