fc2ブログ

ブルーレインコート劇場で狂言(スライゴ)

blueraincoattheatre0717
スライゴの旧港エリアの工場を改装した、前衛的なシアター・スペース

数年前から盛んに活動しているスライゴの新劇場、ブルーレインコート・シアター(Blue Raincoat Theatre)。狂言形式でのW.B.イエーツの「猫と月」の、イエーツの心の故郷スライゴでの凱旋公演はここで行われました。

blueraincoattheatre07173
上段左&下段真ん中のポスター。狂言公演は、Tread Softlyというスライゴのアート・フェスの目玉の演目。上段左が、ブルーレインコート・シアター一座による「猫と月」のポスター

blueraincoattheatre07176
小さな劇場内のカフェ・スペースがおしゃれ。開演前にくつろぐ人々

blueraincoattheatre07172
お隣りの地元陶芸家のスタジオで制作された趣きあるマグにてコーヒー・タイム。チケットは、ブルーレインコート・シアター一座の「猫と月」のお芝居のもの。昼間にこれを見て、夜は狂言を見たので、同じ原作がこうも違って演じられるのかと興味深かったです

blueraincoattheatre07175
劇場入り口周辺の素朴なハンギングバスケットが可愛い

狂言は、イエーツ作「猫と月」に続き、小泉八雲作の「ちんちん小袴」、そして古典狂言「蟹山伏」の3作が演じられました。狂言を鑑賞するのは初めてでしたが、一気にひきつけられ、面白くて面白くてお腹をかかえて笑ってしまった!
地元スライゴの人々も興味深々で劇場は満席、大いに盛り上がりました。

イエーツと小泉八雲、そして狂言については、後日また書きます。
明日はアイルランド最終公演に向けてウォーターフォードへ移動します。

blueraincoattheatre07174
劇場前の倉庫の壁にはイエーツ、ルイス・キャロルなどの言葉が書かれています

関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

秋のケルト市!
【ダブリンよりヴァーチャル出演!】
2021年10月30日
詳細・お申込み→こちら

オンライン講演!
「モンゴメリ作品とアイルランド」
2021年11月20日(土)16:30~
詳細・お申込み→こちら 《満員御礼》

福岡市にて講演!
2021年4月24日(日)

→詳細は追ってお知らせします!

オンライン講座配信
見逃し配信ご購入可!
2020年6~8月・全6回→こちら
2020年12月・特別回→こちら
新規講座! →詳細決まり次第お知らせいたします!

カレンダー

09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ