FC2ブログ

イエーツの「猫と月」、狂言でよみがえる

今年2017年は日本アイルランド国交樹立60周年。当地でさまざまな日本関連のイベントが行われる中、もっとも楽しみにしていたW.B.イエーツ原作の狂言がいよいよ来週となりました。

日本の能にケルトの幽玄美に相通ずるものを見出し、能仕立てのお芝居を書いているイエーツ。今回の演目である「猫と月(The Cat and the Moon)」という戯曲は狂言にインスピレーションを得て書かれたのだとか。
創作100周年を記念して、ダブリン、スライゴ、ウォーターフォードの3都市で日本からの狂言家の皆さんにより演じられます。

kyogenyeats0717

茂山千五郎家狂言アイルランド公演:アイルランドと日本の邂逅-W.B.イエーツ、ラフカディオ・ハーンと狂言

日時・会場(詳しくはこちら
2017年
7月25日(火)ダブリン(スモック・アレイ・シアター)
7月27日(木)スライゴー(ブルーレインコート・シアター・カンパニー パフォーマンス・スペース)
7月29日(土)ウォーターフォード(ガーター・レイン・アート・シアター)

イベントのタイトルにもあるように、ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)の演目も!イエーツの「猫と月」に加え、ハーン原作の新作狂言「ちんちん小袴」も上演されます。
19世紀末~20世紀を生きた日本に魅せられた2人のアイルランド人の作品が、故郷アイルランドに里帰り。ケルトと日本の融合を目にする、またとないチャンスです。

私も光栄なことに、日本からの皆様の現場でのご案内に関わらせていただきます。楽しみ♪
来週アイルランドにいらっしゃる方はぜひ。そうでなければ、2017年10月7日に滋賀県彦根市でも上演予定です。

※参考→戯曲「猫と月」 母国で結縁 ノーベル詩人作100年、今夏アイルランドで

関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

★オンライン講座配信!
【新規】 2021年4月24日(土)
→お申込み・詳細はこちら

見逃し配信ご購入可!
2020年6~8月・全6回→こちら
2020年12月・特別回→こちら

★岡山市にて講演
2020年10月

→2021年度に延期となりました

★福岡市にて講演
2020年12月

→2021年度に延期となりました

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ