記事一覧

セント・ジョンズ・イヴの焚き火(イニシュモア島)

stjohnseveinirmor06173
いくつか見た中でいちばん激しく、美しかった火

今から4年前、アランニット本の取材でイニシュモア(Inishmore, Aran Islands, Co. Galway)に滞在中、セント・ジョンズ・イヴの焚き火に偶然出くわしました。
(→過去ブログ:焚き火と満月の夜…セント・ジョンズ・イブ(イニシュモア島)

セント・ジョンズ・イヴとは聖ヨハネの日の前夜祭。イエス・キリスト生誕(クリスマス)の6か月前である6月24日が洗礼者ヨハネの生誕日で、キリスト教ではその日は「聖ヨハネの日(St John's Day)」に定められています。
夏至に日が近いことから、キリスト教以前の習慣である夏至祭と結びつき、ヨーロッパや南米のカトリック国では前日の6月23日に前夜祭(イヴ)として火をたくなどしてこの日を祝う習慣があります。
有名なスペインのバレンシアの火祭りはこれにちなむもの。白夜になる北欧諸国で盛大に催しが行われるようです。

アイルランドでは西海岸地方にこの伝統が残り、各地で夜を徹して焚き火が行われます。
ケルトの不思議に興味深々の今回のグループのオーガナイザーさんにそのことをお話しし、セント・ジョンズ・イヴの夜に合わせてイニシュモア宿泊。14村それぞれの焚き火を見に出かけました。

stjohnseveinirmor0617
イニシュモアでは夜9時から焚き火をたき始めます。夜9時はまだまだ明るく、子供も大人もピクニック気分

stjohnseveinirmor06172
だんだん暗くなってきた…

stjohnseveinirmor06174
海をバックに火を見つめるお客様たち

stjohnseveinirmor06175
家族で小さな火を囲む人たちも

stjohnseveinirmor06177
そしてここが島でいちばん大きな焚き火。焚き火のことは英語で「ボン・ファイヤー(bonfire)」と言いますが、語源は「Bone(骨)+Fire(火)」で、昔は動物の骨を燃やしたのだそう

「この村の火は情熱的ね」、「ここはちょっと物悲しい感じ」などとお客様とお話ししながらの焚き火めぐり。こうしてみると、火にもいろいろな表情があるものです。

人々はとってもフレンドリーで、地元行事を見物する私たちを歓迎してくれ、おいしい手づくりのスナックをふるまってくれる村も。
島中の焚き火を見て、最後に私たちが宿泊する村の火でしめくくり。ここでは日本の歌を歌わされ(「ふるさと」を歌いました)、お返しに村の長老らしき男性が素晴らしいシャンノース(アカペラの伝統歌)を披露してくれました。

stjohnseveinirmor06176
風が強くなり、火の粉が闇夜に舞う様がこれまたきれい

4年前は満月の夜でしたが、今年は新月。闇夜の焚き火も幻想的で、あまりに暗いので、海をへだてた対岸のコネマラの村々で火をたく様子まで見えました。
原始の闇と火を垣間見たような気分。これまた忘れられない一夜となりました。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)5月29日発売

ikarosbook0517
アマゾン
イカロス出版サイト

イベントのお知らせ
秋のケルト市
10月9日(月/祝)浅草ライオンスタジオ

★トークショー「アイルランドの知られざるヒーロー/ヒロインたち」
イベント詳細&お申込みはこちらこちら

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。2000年よりアイルランド在住。アイルランドでの生活、ガイド業を通してのさまざまな体験を皆さんと共有できたら嬉しく思います。最近の趣味はサーフィンとバラ栽培♪

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ