記事一覧

パフィンの楽園、スケリッグ・マイケル!

puffinsskellig071720
断崖にたたずむパフィン。あまりの可愛らしさにメロメロ…

数日前、今回のグループさんの旅の大きな目的のひとつであったスケリッグ・マイケル(Skellig Michael, Co. Kerry)上陸を無事に果たすことができました!
(関連過去ブログ:ついに上陸…スケリッグ・マイケルへ!続・ついに上陸…スケリッグ・マイケルへ!スケリッグ・マイケルが登場する「スター・ウォーズ」最新作9月のスケリッグ・マイケル

天候によりボートの上陸率が低く、ただでさえ行くのが難しい場所なのに、昨今の「スターウォーズ」人気でますます予約が取りにくくなってしまったスケリッグ・マイケル。
1年越しで予定を立ててくださった今回のグループさんをなんとか行かせてあげたい!と、ボートの予約を試行錯誤し続け、なんと同日に12名全員の予約が取れたのはほぼ奇跡としか言いようがありません。
今年島への上陸許可を得たボートは15隻。1隻12名乗りですから、島開きする5~9月の短い期間に、1日180名の限られた人数しか島へ渡ることができません。
予約が取れてもボートが出ない日も多いというのに、天候もどんぴしゃり。皆さんの想いが見事通じて、思いがけずスムースに島へ行けてしまいました!

そして…。私自身はこれまで何度か上陸しているものの、周辺に棲むというパフィン(Puffin)を間近で見たことは一度もありませんでした。
それが今回、これまたどんぴしゃりで繁殖期に当たり、小さな岩島は「パフィンの楽園」そのもの。これまで海上にいるところしか見たことがなかったので、右も左もパフィン!という状況に大興奮。あまりの嬉しさにおおはしゃぎしてしまいました。

puffinsskellig07173
黒い背中と白いお腹。カラフルなクチバシと、おそろいの色の足がカワイイ♪

日本名は「ニシツノメドリ」。北大西洋に生息する鳥で、日本にはいないそう。そっくりな外観の「ニシ」がつかない「ツノメドリ」は太平洋に生息していますが、身体がパフィンより大きい。
北海道にいるエトピリカともちょっと似ていますが、エトピリカはよく見ると顔がちょっとコワい。パフィンの方が断然、カワイイです♪

puffinsskellig07172
パフィン越しにリトル・スケリッグ島を見晴らす

puffinsskellig0717
岩の間からじっとこちらを見つめるパフィン。カワイイ~

普段は海上に生息していますが、夏の繁殖期のみ上陸。以前、8月中旬に来た時に「ちょうど昨日、海に帰っちゃったよ」と言われてがっかりしたことがあったので、その頃まで島にいるようです。
この日は朝、霧が深く、普段は海へ魚を採りに行くはずの親パフィンたちが行かなかったので、おかげでおびただし数のパフィンが陸にいるのを見ることができました。

puffinsskellig07178
飛び立つ瞬間。でも、羽をバタバタさせてぴょんと跳ねて移動するだけ。あんまり飛ばない…

puffinsskellig071710
岩の上で「あっち向けホイ!」してるみたいなパフィン

puffinsskellig0717
いちばん下の石段注目。人間気取りで歩くパフィン(笑)

puffinsskellig07176
人がいても全然、怖がらない

そのいでたちがなんとも愛らしく、時にユーモラスであり、人間臭いのが見飽きがない。
山頂のビーハイブそっちのけでパフィンのあとをくっついて周り、写真を撮りまくってしまいました!

puffinsskellig07179
ボートを見送るパフィン。「また来てね~」 by パフィン

puffinsskellig071713
今度はみんなで見送る

puffinsskellig071714
ちょっと見送ったけど、すぐに飽きちゃった子たち

今回、たくさん撮ったパフィンの写真の中で、いちばんのお気に入りがこちら。

puffinsskellig071712
岩穴に隠れるシャイなパフィン。目がカワイイ♪

この日以来、あまりにも私がパフィン、パフィン…と興奮しているので、数日後にイニシュモア島でお客様がこんなマグカップを見つけてくれました!

Puffinmugaranislands
「毎日がパフィン」…って。変なロゴだけど、今の私の気分そのものかも(笑)

お客様に「ナオコさん、パフィンの生まれ変わりかも」と言われましたが、ほんとにそうかも。
もしそうだったら、きっとスケリッグ・マイケルのパフィンだったに違いありません!!!



コメント

No title

十年以上前ですが、モハーでパフィンに会いました。それ以来のファンです。スコットランドでは禁煙パフィンの禁煙マークを見ました。イチゴ摘みは諦めましたが、来週8日からアイルランドを旅します。「汽車にのって」北に向かい、その後ダブリンを経てコークに行く予定です。直子さんの本を参考にプランを練っています。

アイさんへ

モハーの断崖でパフィンを見たのですね。崖で巣づくりするのでなかなか見るのが難しいようですからラッキーでしたね!

私の本がお役に立てて嬉しいです。「汽車にのって」緑のアイルランドを堪能していだけることを願っています。

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)5月29日発売

ikarosbook0517
アマゾン
イカロス出版サイト

イベントのお知らせ
秋のケルト市
10月9日(月/祝)浅草ライオンスタジオ

★トークショー「アイルランドの知られざるヒーロー/ヒロインたち」
満員御礼にて無事終了、ありがとうございました!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。2000年よりアイルランド在住。アイルランドでの生活、ガイド業を通してのさまざまな体験を皆さんと共有できたら嬉しく思います。最近の趣味はサーフィンとバラ栽培♪

カレンダー

11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ