FC2ブログ

6月の軒先の花たち

久しぶりにダブリンの自宅に戻り、何はともあれ、まず軒先の花の手入れ。
適度に雨が降ってくれたおかげで、活き活きと咲いていてくれてほっとひと安心。

rialtocottagesflowers06174
昨年購入したレディ・エマ・ハミルトン(Lady Emma Hamilton)。バラは咲きかけも美しい。すでにこのバラ独特のレモン&ジンジャーの香りがたちこめています

rialtocottagesflowers06173
挿し木で育てたメアリーローズ(Mary Rose)も元気いっぱい

rialtocottagesflowers0617
もう何年咲き続けているか覚えてないほど古くからあるピンクのゼラニウム(左)、ビオラ(中央)、コスモス(右)が軒先を華やかに彩ってくれていてうれしい

rialtocottagesflowers06172
玄関口には今年植えたベゴニアとサフィニア。サフィニアはピンクを2株植えたつもりが、ひとつは紫&白でしたが、かえって良かったかも

夏のツアーシーズンは狭い家の中で走っているほどやることが山ほどあるというのに、水やりや花摘みについつい時間を費やしてしまうのでした。

関連記事

コメント

梶原 浩徳

薔薇を増やしました~。
わたくしも、あなた様に見習って薔薇を20株増やしました。良く調べたら、Dickson社作出の「スカーレット・クイーン」がありました。大切に育てようと思います。花が楽しみです。

naokoguide

Re: 薔薇を増やしました~。
20株!さぞかし広いお庭なことでしょう、うらやましいです。

ディクソン社のバラ、ぽつぽつ日本にも入っているようですね。「スカーレット・クイーン」とは素敵な名前。早速ネットで検索してみました、美しバラですね。
非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

★オンライン講座配信
見逃し配信ご購入可!
2020年6~8月・全6回→こちら
2020年12月・特別回→こちら

★岡山市にて講演
2020年10月

→2021年度に延期となりました

★福岡市にて講演
2020年12月

→2021年度に延期となりました

カレンダー

12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ