記事一覧

ベルファーストのデルモニコ・ステーキ(ジェイムズストリートサウス・バー・アンド・グリル)

近ごろ、ダブリンに負けず劣らず、レストラン激戦区となってきたベルファースト。
先日仕事で出向いたときに、友人と「おいしいステーキを食べよう!」と出かけたのがこちら、ジェイムズストリートサウス・バー・アンド・グリル(James Street South Bar and Grill , Belfast)。

barandgrillbelgast05172
ウェアハウス風のスタイリッシュなレストラン。街のランドマークであるシティホールから徒歩5分

北アイルランドきっての肉牛の産地、カウンティー・アーマー産のおいしい炭火焼きステーキが食べられるお店。Tボーン、シャトーブリアン、熟成サーロイン、熟成リブアイ、フィレと部位も豊富に選べて、いずれも300グラムから!

450グラムのTボーンとさんざん迷った挙句、この日私がチョイスしたのは、岩塩で熟成されたデルモニコ風リブアイ300グラム(Hannan’s salt aged Delmonico ribeye)。
デルモニコ・ステーキとは19世紀のニューヨークで誕生したかの有名なデルモニコス・レストラン発祥のステーキ。通常ボーンレスのリブアイで、特別な肉を特別に調理したスペシャルなステーキのことを言うようです。

barandgrillbelgast05173
岩塩熟成で旨みがぎゅっ凝縮され、なおかつリブアイのやわらかさ、ふんわり感も楽しめる一品

岩塩で熟成したステーキというのをこの間もコークで食べましたが(→熟成ステーキがおいしい!コーンストア・レストラン(コーク))、通常のステーキとはちょっと別モノ。肉肉しさがかなり消えて、すっかり洗練された味わいとなります。
個人的は野性味あふれる肉の味も好きなので微妙ですが、手間ひまかけた「食材」としての赤身肉を味わうのも時にはいいものです。

デザートはベイクドアラスカを友人とシェア。これも、デルモニコス・レストラン発祥のデザートですよね。
(→過去ブログ参照:ベイクドアラスカ

barandgrillbelgast05174
アイスクリームのメレンゲ包み焼き…のようなデザート。メニューにこれを見つけるとどうしても頼んでしまいます!


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)5月29日発売

ikarosbook0517
アマゾン
イカロス出版サイト

イベントのお知らせ
秋のケルト市
10月9日(月/祝)浅草ライオンスタジオ

★トークショー「アイルランドの知られざるヒーロー/ヒロインたち」
イベント詳細&お申込みはこちらこちら

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。2000年よりアイルランド在住。アイルランドでの生活、ガイド業を通してのさまざまな体験を皆さんと共有できたら嬉しく思います。最近の趣味はサーフィンとバラ栽培♪

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ