fc2ブログ

ベルファーストのデルモニコ・ステーキ(ジェイムズストリートサウス・バー・アンド・グリル)

近ごろ、ダブリンに負けず劣らず、レストラン激戦区となってきたベルファースト。
先日仕事で出向いたときに、友人と「おいしいステーキを食べよう!」と出かけたのがこちら、ジェイムズストリートサウス・バー・アンド・グリル(James Street South Bar and Grill , Belfast)。

barandgrillbelgast05172
ウェアハウス風のスタイリッシュなレストラン。街のランドマークであるシティホールから徒歩5分

北アイルランドきっての肉牛の産地、カウンティー・アーマー産のおいしい炭火焼きステーキが食べられるお店。Tボーン、シャトーブリアン、熟成サーロイン、熟成リブアイ、フィレと部位も豊富に選べて、いずれも300グラムから!

450グラムのTボーンとさんざん迷った挙句、この日私がチョイスしたのは、岩塩で熟成されたデルモニコ風リブアイ300グラム(Hannan’s salt aged Delmonico ribeye)。
デルモニコ・ステーキとは19世紀のニューヨークで誕生したかの有名なデルモニコス・レストラン発祥のステーキ。通常ボーンレスのリブアイで、特別な肉を特別に調理したスペシャルなステーキのことを言うようです。

barandgrillbelgast05173
岩塩熟成で旨みがぎゅっ凝縮され、なおかつリブアイのやわらかさ、ふんわり感も楽しめる一品

岩塩で熟成したステーキというのをこの間もコークで食べましたが(→熟成ステーキがおいしい!コーンストア・レストラン(コーク))、通常のステーキとはちょっと別モノ。肉肉しさがかなり消えて、すっかり洗練された味わいとなります。
個人的は野性味あふれる肉の味も好きなので微妙ですが、手間ひまかけた「食材」としての赤身肉を味わうのも時にはいいものです。

デザートはベイクドアラスカを友人とシェア。これも、デルモニコス・レストラン発祥のデザートですよね。
(→過去ブログ参照:ベイクドアラスカ

barandgrillbelgast05174
アイスクリームのメレンゲ包み焼き…のようなデザート。メニューにこれを見つけるとどうしても頼んでしまいます!


関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

福岡市にて講演!
2022年4月24日(日)14:00~

★『赤毛のアン』に見るケルト
→終了、ありがとうございました!

東京「春のケルト市」にて講演!
2022年5月3日(火祝)11:00~

★牛とジャガイモと移民の歴史
→終了、ありがとうございました!

オンライン講座配信
見逃し配信ご購入可!
2020年6~8月・全6回→こちら
2020年12月・特別回→こちら
新規講座! →詳細決まり次第お知らせいたします!

カレンダー

04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ