記事一覧

「ブレンダンとケルズの秘密」この夏、日本で上映

この夏、「ケルズの書」をめぐるアニメーション『ブレンダンとケルズの秘密』(原題:The Secret of Kells)が日本で公開されることになりました。

secretofkells
アイルランドでは2009年公開。8年越しでついに日本上映!

トム・ムーア(Tomm Moore)というダブリン出身の若手アニメーション映画監督のデビュー作で、アカデミー賞にもノミネートされ話題になった作品。
各シーンが絵のように美しく、幻想的な古代アイルランドの世界で楽しみながら「ケルズの書」について知ることのできる秀作です。私は初めて観た時に泣き、最近久しぶりにDVDで観てまた泣きました。

ブレンダンという修道院で暮らす少年が、バイキングの襲撃から逃れて伝えられた「アイオナの書」を完成させる物語。これを見ればなぜ「アイオナの書」が「ケルズの書」となったのかという背景や、アイルランド各地に現存する石造りのラウンドタワー(Round Tower)の内部がどうなっているのか、なんてこともよくわかります。
個人的には、森に生えているワラビが印象的。渦巻き模様の起源はもしやここ?って真剣に思ってしまいました(笑)。

ちなみにブレンダンが森へ集めに行く木の実は、ガルナッツ(Gullnuts)、オーク・アップル(Oak Apple)などと呼ばれるもので、私も最近映画を見直して気になって調べて知ったのですが、これ、実ではなくて木の瘤(こぶ)なのだそう。日本語では「没食子(もっしょくし)」と言い、ブナ科の植物の若芽が変形して瘤になったもの。タンニンを多く含むため、これを抽出してインクとしたそうです。
(インクを抽出するシーンがおもしろい&映画後半で重要なので注目!)

そもそも若芽にインクタマバチという昆虫が産卵し、成長することで瘤ができるそうですからたくさんあるものではなく、探すのはさぞかし大変だったことでしょう。

トム・ムーア監督は宮崎駿監督のジブリ・アニメで育った世代で、作品もその影響を受けているそう。トトロやもののけ姫のファンだそうです。
一方、宮崎監督はアイルランドがお好きで、もうずい分まえのことですが、プライベートなご旅行をご案内させていただいたことがありました。「風の谷のナウシカ」や「魔女の宅急便」にはアイルランドの風景がでてきますし、これはご本人に確認していませんが私が見た限りおそらく「千と千尋の神隠し」はジャイアンツ・コーズウェイのフィン・マックールの伝説のオマージュで、ハープの曲、ファーマナのヤヌス像に似た地蔵のような像など、アイルランド的なものがたくさん散りばめられています。そう考えると、この2人のアニメ監督は両思い(笑)。なんだか興味深いですね。

トム・ムーア監督の『ソング・オブ・ザー・シー 海のうた』(原題:Song of the Sea)は私が知らぬ間に昨年日本で公開されていました。こちらは見ていないのでこれを機に観てみようと思います!

※上映日時や上映館の詳細はこちら→劇場情報

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)5月29日発売

ikarosbook0517
アマゾン
イカロス出版サイト

イベントのお知らせ
秋のケルト市
10月9日(月/祝)浅草ライオンスタジオ

★トークショー「アイルランドの知られざるヒーロー/ヒロインたち」
イベント詳細&お申込みはこちらこちら

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。2000年よりアイルランド在住。アイルランドでの生活、ガイド業を通してのさまざまな体験を皆さんと共有できたら嬉しく思います。最近の趣味はサーフィンとバラ栽培♪

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ