FC2ブログ

ウシを食べながら『ケルズの書』作成?

今日は語学研修にいたらした学生さんグループのご案内。
トリニティー・カレッジ(Trinity College, Dublin2)で教授のジョーさんにキャンパス・ツアーをご案内いただきました。

studentstourtrinitywithjoe02172
雨交じりの寒い日でしたが、皆さん英語のガイディングに真剣に耳を傾けていました

普段自分がガイドする側なので、別の人のガイディングを聞くチャンスはあまりなく、時々こういう機会をいただくととてもよい勉強になります。同じインフォメーションでもこういう表現があったのか、と感心したり、すっかり知り尽くしている思っていた場所でも必ず新たな発見が。

ジョーさんの話で印象に残ったのは、『ケルズの書』がどのくらいかかって作成されたか、ということ。680ページもある『ケルズの書』が何年かかって書かれたか…という正確な記録はないので、筆跡とか、絵のタッチなどから書き手が何人くらいいたのか?などが推測基準になると、以前に専門家の方からうかがったことがあります。

ところが今日の話に出てきたのは、ウシを食べる速度が関係するということ。『ケルズの書』に使用されている紙は子牛の皮をなめして作られたベラム紙。食べた牛の皮をなめすわけですから、当時修道院にいったい何人いたのか、一頭の子牛をそうそう毎日食べられるものでもなく、ウシも生まれる頭数に限りがあるわけで…。
と考えていくと、何年、何十年もかけて作成されたのだろうなと推測されるわけです。
「あ~、顔料も準備出来ちゃったし、書く気満々なんだけど、子牛が生まれる春までまで待たなきゃな~」なんてこともあったのかも?(笑)
これまでその視点から考えてみたことがなかったので、とても面白いな~と気に入ってしまいました。

bookofkellspublicdomain
今、『ケルズの書』はこのページが開かれています。4人の福音記者が描かれた、書を代表する美しいページです

関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

秋のケルト市!
【ダブリンよりヴァーチャル出演!】
2021年10月30日
詳細・お申込み→こちら

★オンライン講座配信!
【新規講座】 →詳細決まり次第お知らせいたします!

見逃し配信ご購入可!
2020年6~8月・全6回→こちら
2020年12月・特別回→こちら

★岡山市にて講演
2020年10月

→2021年度に延期となりました

★福岡市にて講演
2020年12月

→2022年度に延期となりました

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ