記事一覧

アイルランド発、お勧めインディーズ・ミュージック!

先日FMまつもとさんに出演させていただいた際、番組内でかけていただいた2曲(Dancing in the Moonlight by Thin Lizzy/Teenage Kick by Undertones)の他にも、リクエストの候補に考えていた曲がいくつかありました。
いずれもアイルランドのインディーズ系シンガー/バンド。ところが、国内盤が出ていない洋楽はラジオでかけることが難しいそうで、残念ながらご紹介に至りませんでした。

候補に考えていた曲は、次の3曲。ここ数年の私のお気に入り、せっかくなのでこちらでご紹介させていただきます♪

まずは、以前にもブログで紹介させていただいた、アイルランド最北端・イ二シュオーエン半島(Inishowen Peninsula, Co. Donegal)出身の3姉妹、ヘンリー・ガールズ(Henry Girls)。
2年前、彼女たちの地元ドネゴールの音楽フェスティバルで見て、本人たちより直接CDを購入。ちょっと元気を出したい時にぴったりの一曲が、ガールズの代表作のひとつ、『ザ・ウェザー(The Weather)』です。


北アイルランドのデリー(Derry, Norhern Ireland)の街並みに、カラフルな傘が映えるビデオも素敵

次は、数年前にライブで見てすっかりファンになった、ベルファースト出身のピアニスト&ソングライター、デューク・スペシャル(Duke Special)。
ドレッドロック・ヘアにくっきり濃いアイライン…というメタル系の風貌ながら、楽曲はバラード調、ロック調、ジャズ調…とさまざま。新しいCDも出ていますが、やっぱりいちばん好きなのはこの一曲、『ラストナイト・アイ・ニアリー・ダイド(Last Night I Nearly Died=‛昨晩ほとんど死にかけた’の意)』。ドゥークの名曲です。


オフィシャル・ビデオはアニメーション・バージョンですが、やっぱりライヴがいいですね

最後にぜひご紹介したいのが、今アイルランドで人気急上昇中のこのバンド、オル・トゥインズ(All Tvvins)。8月に出たデビュー・アルバムがいきなり国内チャート2位となり、ラジオで彼らの曲を耳にしない日はない!というくらいの活躍ぶり。
オル・トゥインズは2人組のバンドですが、そのうちのひとりコナーは友人イーファの弟。かつて私たちがダブリンでしきりに応援していたバンド、キャスト・オヴ・チアーズ(The Cast of Cheers)出身です。
キャスト・オヴ・チアーズは残念ながら解散してしまいましたが、コナーが別のバンド出身のミュージシャンと組み、オル・トゥインズとして2年ほど前から活動開始。キャスト・オヴ・チアーズがパンク、ロック、ダンス系だったのに比べ、よりポップでエレクトロなサウンドが耳に心地いいです。


デビュー・アルバムにも収録されている『トゥー・ヤング・トゥー・リヴ(Too Young To Live)』

秋の夜長、アイルランド発のインディーズ・バンド/シンガーを日本でもお楽しみいただけたら嬉しいです♪

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)5月29日発売

ikarosbook0517
アマゾン
イカロス出版サイト

イベントのお知らせ
秋のケルト市
10月9日(月/祝)浅草ライオンスタジオ

★トークショー「アイルランドの知られざるヒーロー/ヒロインたち」
イベント詳細&お申込みはこちらこちら

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。2000年よりアイルランド在住。アイルランドでの生活、ガイド業を通してのさまざまな体験を皆さんと共有できたら嬉しく思います。最近の趣味はサーフィンとバラ栽培♪

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ