記事一覧

サイレント・バレー① 「ナルニア国」を探して秋の森を歩く

silentvalley10
深い深いナルニアの森を連想させる風景…

昨日、北アイルランド在住の友人を誘って、ずっと行ってみたいと思っていたモーン山脈(Mourne Moutanis)中のサイレント・バレー(Silent Valley Mountain Park, Co. Down, Northern Ireland)へ出かけてきました。

モーン山脈は1993年より英国ナショナル・トラストの所有となっており、山や湖など1300エーカーが保護区域となっています。サイレント・バレーはその中にある山岳公園で、近年園内のトレイルが整備され、高い山に登らなくともモーン山中を歩いて楽しめるようになりました。

入り口でもらったマップを見ると、1.6~3.4キロまで合計6種類のトレイルがあります。
いちばん長いマウンテン・トレイルを歩ければよかったのですが、そこまで歩く準備をしていなかったので(朝の車のトラブルで靴を持ってこれなかった!)、最短のナイチャー・トレイルをのんびり歩くことに。

silentvalley2
山の中だからでしょうか、低地ではすでに盛りが終わったベル・ヘザー(ヒースの一種)がこんなにきれいに咲いていました

silentvalley5
キルキール川(Kilkeel River)にかかる橋の上で

silentvalley3
大好きなホクシャの花。森の妖精が住んでいそう

silentvalley4
妖精がつけた目印?

silentvalley6
シャムロックも

花や草木を見ながら歩く森の中のトレイル。あとで読んだ説明書きによると、私たちが歩いた道は20世紀初めにこの地に貯水池を建設した際、労働者が機械を運んで行き来した道だったそうです。
小鳥のさえずりと木々が揺れる音しか聞こえない静かな道でしたが、当時は過酷な重労働がここで行われていたのでした。

silentvalley7
この森で多く見かけたフェザントベリー(Pheasant berry=別名ヒマラヤハニーサックル)の花。野生のフェザントベリーをこんなにたくさん見たのは初めて。まるで風に揺れる妖精の女王様のイヤリングのようね~と友人と二人で感激しきり

silentvalley8
ウォーキング途中でのどをうるおしてくれたブラックベリー。大粒に実って甘くておいしかったです

silentvalley9
秋の森は可愛い赤い実がいっぱい

silentvalley1
ナナカマドもどこもかしかも真っ赤な実をつけています

このモーン山脈と周辺は、ベルファースト出身のC.S.ルイス(Clive Staples Lewis, 1898-1963)の『ナルニア国物語』の舞台と言われる場所。ルイスの想像上の王国ナルニア国は、この地のマジカルな景色と雰囲気から着想を得て、ふくらんでいったようです。
私たちものそんな面影を求めてサイレント・バレーへ来てみたのですが、森の散策だけで十分ナルニアに迷い込んだような気分。そしてさらにこのあと、絶景を目にすることに…。

続きは後日、書きますね。

※C.S.ルイスに関する過去ブログ:C.S.ルイスゆかりの地めぐり①~イースト・ベルファースト&近郊C.S.ルイスゆかりの地めぐり②~聖マーク教会

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)5月29日発売

ikarosbook0517
アマゾン
イカロス出版サイト

イベントのお知らせ
秋のケルト市
10月9日(月/祝)浅草ライオンスタジオ

★トークショー「アイルランドの知られざるヒーロー/ヒロインたち」
イベント詳細&お申込みはこちらこちら

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。2000年よりアイルランド在住。アイルランドでの生活、ガイド業を通してのさまざまな体験を皆さんと共有できたら嬉しく思います。最近の趣味はサーフィンとバラ栽培♪

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ