FC2ブログ

記事一覧

グレードアップしていた、マーリー・パークの「妖精の木」

marleyparkfairytree
窓から明かりがもれていました。やっぱりこの中に妖精がいるのかな?

日本から来た8歳のNちゃんの妖精探しの旅、第2弾。
ラスボロハウスのフェアリートレイルに続き、今日はダブリン南郊外にあるマーリー・パーク(Marley Park, Dublin16)へ「妖精の木」を見に来ました。(→過去ブログ参照:マーリー・パークの「妖精の木」(2015年2月21日記)

この「妖精の木」は公園内の森の中にあります。以前は友人に連れて行ってもらいましたが、今度は私が案内する側。ちょっとわかりにくいので、記憶をたどりながら迷わないように森を歩きます。

marleyparkfairytree12
駐車場を背にして、マーリー・ハウス屋敷を右に見て、左斜め前方の森へ。このウォーキング道のサインに沿って進みます。歩き出してしばらくは舗装道路です

marleyparkfairytree11
途中で4差路が出てきたら、看板の「College Road」の方へ

この森の中の散歩道がなかなか素敵。前回来たときは冬でしたが、今日は夏真っ盛りの緑の森できれいでした。

marleyparkfairytree3
白鳥の湖

marleyparkfairytree4
滝も素敵。マーリー・ハウスが貴族のお屋敷だった頃に造園したものでしょう

森を歩くこと約10分、ちょっと来過ぎちゃったかな…と不安になったその時、目の前に「妖精の木」が現れました。

marleyparkfairytree2
発見!日本からはるばる妖精探しに来てくれたNちゃんとNちゃんママ

通常アイルランドで「妖精の木」と言うと、精霊信仰に由来を発した御神木のことですが、こちらは現代の妖精たちの住処(すみか)として人間が作ってあげたもの。
2010年にダブリン郊外の成人の学習障害者が通う施設のインストラクターが発案し、行政の協力を得て、生徒さんたちと一緒に作ったそうです。

どうやら今も少しずつ手を加えているようで、1年半前に来た時よりグレードアップしているではありませんか。扉や窓の数が増えて、これぞNちゃんが見たがっていた妖精のマンションそのもの。(ラスボロハウスのフェアリートレイルはすべて一軒家だったので、「妖精のマンションは?」としきりに言っていたのです)

marleyparkfairytree20
窓をのぞき込むと、なんと以前はなかったライトがついているではありませんか!ケリーやウィックロウの妖精村には未だガラスもライトも普及していないというのに、さすがダブリン、都会ですね~

marleyparkfairytree5
木の上部にある豪華な家。家賃高そうだねーとNちゃん(笑)

marleyparkfairytree6
てっぺんのとんがり屋根とバルコニーはマンションの住人の共同スペースでしょうか

木のいたるところにおしゃぶりがぶる下げられているのは、御神木のフェアリー・ツリーと同じ。フェアリー・ツアーには願掛けとしてさまざまなものをぶる下げていく習慣がありますが、おしゃぶりをぶる下げるのは赤ちゃんが健やかに育つことを願ってなのでしょうか。

marleyparkfairytree7
妖精さんへ宛てた「Dear Fairy…」と書かれた可愛い手紙もありました

Nちゃん、この妖精マンションをとっても気に入ってくれた様子。誰よりも長い時間、木の周りをくるくるまわってよ~く観察していました。

marleyparkfairytree8
日曜日の昼下がり、妖精たちはお昼寝中だったようですね♪

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売

おかげさまで重版決定
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

イベントのお知らせ
スケジュールが決まり次第、お知らせいたします!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。
Instagram

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ