FC2ブログ

バラになった「WBイエーツ」

yeatsroses07162
真っ赤な一重のバラ、「WBイエーツ」

昨日より再び、周遊ツアーのご案内です。
詩人W.B.イエーツの墓所であるドラムクリム教会(Drumcliff Church, Co. Sligo)に立ち寄ったところ、昨年イエーツ生誕150周年を記念して新しく作られたバラ、その名も「WBイエーツ」がきれいに咲いていました。

生涯を通して数多くの詩を残したイエーツは、18もの詩に「赤いバラ(Red Rose)」を詠みこんでいます。イエーツはバラが好きで、ワイルドローズ(Wild Rose)として知られるイヌバラ(Dog Rose/Rosa Canina)を特に好んだそう。
夏のアイルランドにしばしば見られるイヌバラは、アイルランド西海岸の石の生垣などに這うように自生しています。そんな田舎の素朴な光景を好んだのでしょうね。

そんなイヌバラのイメージと、イエーツが詩に読んだ赤いバラをミックスした、深紅の一重のバラが「WBイエーツ」として昨年発表されました。
北アイルランドににある19世紀創業の世界最古のバラ園芸所、ディクソン・バラ園が開発した、アイルランドの土で育った新種のバラです。

イエーツの墓所であるドラムクリフ教会では、このバラを駐車場真ん中の花壇に植えるべく、昨年、教会の脇にあるティールームで寄付を募っていました。花壇のほとんどのスペースにきれいに植えられ花開いているところを見ると、ある程度の寄付金が集まったのでしょう。

yeatsroses07163
まだ空きスペースあり。昨年はこの看板が花壇いっぱいに建てられていましたが、今ではひとつ残るのみとなりました。引き続き寄付をご希望の方はこちら→secretgardensofsligo.com

この「WBイエーツ」を最初に贈られたのは、昨年お生まれになった英国のプリンセス、シャーロット王妃。昨年5月にチャールズ皇太子とカミラ夫人がスライゴをご訪問された際、お2人を介して贈呈されました。
その他、アイルランドのマイケル・D・ヒギン大統領夫妻に苗木が贈呈されるなど、こちらのサイトに写真や、このバラにまつわるさまざまなことが掲載されています。→The new 'WB Yeats' Rose

アイルランド全国での一般販売は今年の夏から秋にかけて。そろそろガーデンセンターなどに出回るのではないかと思います。
コテージの窓辺に咲き誇ったらきれいだな~と、すでに我が家に「WBイエーツ」を咲かせることを考えています♪

yeatsroses0716
雨に濡れて花びらがキラキラ輝いていた「WBイエーツ」

※W.B.イエーツ関連過去ブログ:イエーツがいっぱい(スライゴ)ルビーとモリーと過ごしたイエーツ・デー(イエーツ生誕150周年)「まだ見ぬ人はこれから出会う新しい友」2015年 W.B.イエーツ生誕150周年イエーツが住んだバリリの塔イエーツの「さらわれた子ども」の地にて

関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

オンラインセミナー開講!
2020年12月19日(土)
20時~・75分間・見逃し配信あり
詳細・お申込み→こちら

★岡山市にて講演
2020年10月

→2021年度に延期となりました

★福岡市にて講演
2020年12月

→2021年度に延期となりました

カレンダー

10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ