記事一覧

バラになった「WBイエーツ」

yeatsroses07162
真っ赤な一重のバラ、「WBイエーツ」

昨日より再び、周遊ツアーのご案内です。
詩人W.B.イエーツの墓所であるドラムクリム教会(Drumcliff Church, Co. Sligo)に立ち寄ったところ、昨年イエーツ生誕150周年を記念して新しく作られたバラ、その名も「WBイエーツ」がきれいに咲いていました。

生涯を通して数多くの詩を残したイエーツは、18もの詩に「赤いバラ(Red Rose)」を詠みこんでいます。イエーツはバラが好きで、ワイルドローズ(Wild Rose)として知られるイヌバラ(Dog Rose/Rosa Canina)を特に好んだそう。
夏のアイルランドにしばしば見られるイヌバラは、アイルランド西海岸の石の生垣などに這うように自生しています。そんな田舎の素朴な光景を好んだのでしょうね。

そんなイヌバラのイメージと、イエーツが詩に読んだ赤いバラをミックスした、深紅の一重のバラが「WBイエーツ」として昨年発表されました。
北アイルランドににある19世紀創業の世界最古のバラ園芸所、ディクソン・バラ園が開発した、アイルランドの土で育った新種のバラです。

イエーツの墓所であるドラムクリフ教会では、このバラを駐車場真ん中の花壇に植えるべく、昨年、教会の脇にあるティールームで寄付を募っていました。花壇のほとんどのスペースにきれいに植えられ花開いているところを見ると、ある程度の寄付金が集まったのでしょう。

yeatsroses07163
まだ空きスペースあり。昨年はこの看板が花壇いっぱいに建てられていましたが、今ではひとつ残るのみとなりました。引き続き寄付をご希望の方はこちら→secretgardensofsligo.com

この「WBイエーツ」を最初に贈られたのは、昨年お生まれになった英国のプリンセス、シャーロット王妃。昨年5月にチャールズ皇太子とカミラ夫人がスライゴをご訪問された際、お2人を介して贈呈されました。
その他、アイルランドのマイケル・D・ヒギン大統領夫妻に苗木が贈呈されるなど、こちらのサイトに写真や、このバラにまつわるさまざまなことが掲載されています。→The new 'WB Yeats' Rose

アイルランド全国での一般販売は今年の夏から秋にかけて。そろそろガーデンセンターなどに出回るのではないかと思います。
コテージの窓辺に咲き誇ったらきれいだな~と、すでに我が家に「WBイエーツ」を咲かせることを考えています♪

yeatsroses0716
雨に濡れて花びらがキラキラ輝いていた「WBイエーツ」

※W.B.イエーツ関連過去ブログ:イエーツがいっぱい(スライゴ)ルビーとモリーと過ごしたイエーツ・デー(イエーツ生誕150周年)「まだ見ぬ人はこれから出会う新しい友」2015年 W.B.イエーツ生誕150周年イエーツが住んだバリリの塔イエーツの「さらわれた子ども」の地にて

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)5月29日発売

ikarosbook0517
アマゾン
イカロス出版サイト

イベントのお知らせ
秋のケルト市
10月9日(月/祝)浅草ライオンスタジオ

★トークショー「アイルランドの知られざるヒーロー/ヒロインたち」
満員御礼にて無事終了、ありがとうございました!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。2000年よりアイルランド在住。アイルランドでの生活、ガイド業を通してのさまざまな体験を皆さんと共有できたら嬉しく思います。最近の趣味はサーフィンとバラ栽培♪

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ