記事一覧

『静かなる男』のパブでディナー

patcohancong0716
1952年の映画撮影当時からほとんど変わらない外観のパット・コハン

映画『静かなる男(The Quiet Man)』のロケ地として知られるコング村(Cong, Co. Mayo)
物語はジョン・ウェイン演じるショーンと、モーリン・オハラ演じるメアリー・ケイトの兄の決闘シーンでクライマックスを迎えますが、その有名な決闘シーンは、コング村のパブ、パット・コハン(Pat Cohan)で終結します。
野次馬に囲まれて、こぶしで殴り合いながら村中をゴロゴロと移動していくシーンは圧巻。2人はパブでポーター(映画ではギネスと言わないのが昔っぽい)でのどをうるおし、最後にショーンがメアリー・ケイト兄に一発くらわしてパブから退場。古き良き時代のシンプルかつ、人情味と男気あふれたアイルランドを見せてくれる映画ですね。

撮影が行われたパット・コハンは今も村の中心にありますが、実は撮影当時はパブではなかったそうです。店内のシーンはハリウッドのスタジオで撮影されたもの。映画を記念して「PAT COHAN BAR」の看板は常に出していましたが(オリジナルの看板はアメリカの博物館にあるそうです)、映画撮影後もパブだったことはなく、私が知る限り、古道具屋さん(お土産屋さんだったかも)のようなあまりぱっとしない店でした。

ところが2年前に売り出されて、昨年より晴れてパブ&レストランとしてオープン。今回コングに滞在中、お客様と食事に行ってみましたが、とても良い雰囲気でした。→Pat Cohan Bar

patcohancong07163
分厚いステーキ。上にのっているのはオニオン・リング

patcohancong07164
店内の様子。写真には写っていませんが、昔のパブ風のバーもなかなかよく、にぎわっていました

patcohancong07162
店内には映画撮影時の写真が多く飾られています。昨年お亡くなりになられたモーリン・オハラさんも真ん中に写っています

映画公開から60年以上もの月日が経ち、最近はお客様に『静かなる男』の話をしても知らない方が多くなってきました。以前はアイルランド、イコール『静かなる男』というくらいに、ご年配の男性のお客様は皆、そのイメージでアイルランドにいらしていたものですが。
アッシュフォード・キャッスルもずい分アップグレードされ、今や『静かなる男』よりアメリカのTVドラマ『レイン(Reign)』のロケ地として人気のようです。
コング村の方はまだまだ田舎っぽさが残っていて、『静かなる男』の村であることを大事にしている様子があっていいですね。

ちなみにコングのレストランと言えば、かつて「ミケリーンズ」という店があり、アッシュフォード・キャッスル滞在時などによく食事に行っていました。
ミケリーンとは映画に出てくる御者の名前。ショーンとメアリー・ケイトが2人きりになろうとしてミケリーンを巻いてしまうシーンが面白い。レストランの老ウェーターさんがホンモノのミケリーンみたいだったのを思い出します。ずい分前になくなってしまったレストランですが、今回の滞在の時にかつて店があった場所を通り、懐かしく思い出しました。
(9年前の記事ですが、こちらレストランの写真あり→静かなる男

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)5月29日発売

ikarosbook0517
アマゾン
イカロス出版サイト

イベントのお知らせ
秋のケルト市
10月9日(月/祝)浅草ライオンスタジオ

★トークショー「アイルランドの知られざるヒーロー/ヒロインたち」
イベント詳細&お申込みはこちらこちら

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。2000年よりアイルランド在住。アイルランドでの生活、ガイド業を通してのさまざまな体験を皆さんと共有できたら嬉しく思います。最近の趣味はサーフィンとバラ栽培♪

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ