記事一覧

6月のバラ

gardenroses061611
今月新たに仲間入りしたレディ・エマ・ハミルトン。我が家では初のオレンジ色のバラです♪

毎年6月はいちばん忙しい時で、自宅のバラの盛りを見逃しがちですが、このところなぜかダブリンの仕事が多かったせいで、バラの盛りを堪能出来た気がします。

毎年いちばんに咲いて楽しませてくれるメアリーローズ(Maryrose)。昨年挿し木から育てた子も親も、5月半ばからずっと咲き続け、昨日やっと最後の花が散り、2番花のための休眠に入りました。

gardenroses06163
挿し木で育った子供の樹にも大きな花がいくつも咲きました

gardenroses0616
こちらが親の最盛期

テス・オヴ・ダーヴァビル(Tess of the d'Urbervilles)は私がいちばん好きなバラ。最初に購入したイングリッシュ・ローズで、今年で5回目の夏を迎えます。
つるバラになる品種なので、今年は冬剪定をしすぎないようにして大き目に育てました。庭がないのでスペースに限りがありますが、この調子で大きくしていってコテージの玄関扉の脇に這うようにしたいです。

gardenroses06165
バラの女王のようなかぐわしく甘い香りが漂います

黄色のシャーロット(Charlotte)は、今年はすごい数の蕾をつけました。どちらかという遅咲きで、まだ1番花をたくさんつけています。
このバラは細い茎にも蕾をつけてくれますが、花びらの枚数が多くて重たいので、支えるのが大変。日光がささないと花が開ききらないようで、先週からの雨続きで開かないまま散ってしまう花もあってかわいそうでした。

gardenroses06164
お天気のいい日が続くと、こんなにきれいなバター色の花を開いてくれます

そして、今月新たに購入したレディ・エマ・ハミルトン(Lady Emma Hamilton)。オレンジのバラが前から欲しくて、やっと手に入れました。遅咲きの品種なので、今まさに一番花が咲こうとしています。

gardenroses06169
あともうちょとで咲きそう…という状態で3日間経過。雨続きでなかなかぱッと開いてくれませんが、すでに素晴らしい香りが…

そう、このレディー・エマ・ハミルトンは香りが特徴的。いわゆるバラの甘い香りではなくて、バラとは想像がつかないようなレモン&ジンジャーの香りがするのです。話には聞いていたものの、最初にかいだ時は本当に驚きました。

花びらが散ると拾うのが大変なので、散る前に切って家の中に飾ったりしています。家中がバラの香りでいっぱい♪

gardenroses06162
テス・オヴ・ダーヴァビルとセプタードアイル。セプタードアイルは今年は一番花がイマイチでしたが、花が終わって今、新芽が吹き出していますので、2番花に期待したいと思います

violaindoor0616
今日は茎が徒長しすぎてしまったビオラを切り詰め、家の中にたくさん飾りました

gardenroses06166
コテージの軒先はこんな感じ。ずいぶんカラフルになってしまったので、ビクトリア・ガーデンということにしました(笑)

明日から7月。これからの2か月はツアーで家を空けることが多くなりますが、2番花にはちょっと間があるので、仕事が忙しくなるタイミングでガーデニングはひと休み出来そうです。

コメント

うわぁ~❤❤❤
あの軒先がこんなにカラフルに華やぐのね。
私も鉢植え、育ててみたくなっちゃった。

pearlさんへ

Pearlさんが来てくださった時は冬の休眠中だったものね。見た目もきれいだけど、香りも抜群。ぜひ育ててみて~。バラ友になりましょう♪

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)5月29日発売

ikarosbook0517
アマゾン
イカロス出版サイト

イベントのお知らせ
秋のケルト市
10月9日(月/祝)浅草ライオンスタジオ

★トークショー「アイルランドの知られざるヒーロー/ヒロインたち」
イベント詳細&お申込みはこちらこちら

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。2000年よりアイルランド在住。アイルランドでの生活、ガイド業を通してのさまざまな体験を皆さんと共有できたら嬉しく思います。最近の趣味はサーフィンとバラ栽培♪

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ