記事一覧

夏至とストロベリー・ムーン

summersolticeronasphoto0616
夏至の日の日没。ダブリン郊外にて、友人Ronan撮影

昨日6月20日は一年でいちばん昼間が長い、夏至の日でした。
ダブリンの日の出は4時45分、日の入りは21時57分。昼間の時間が17時間14秒だったそうです。

夏至の日にはキリスト教以前の古代宗教を踏襲する人たちが、イギリスのグラストンベリーやストーンヘンジに集いますね。アイルランドではタラの丘(Hill of Tara, Co. Meath)や、スライゴのキャロキール古墳群(Carrowkeel, Co. Sligo)(新石器時代の古墳に夏至の日の入りの太陽が差し込むので)に若干人が集いますが、特別な場所へ行かずともこの日の夕日を見て、日の長い夏気分を味わいたいという人は多いようです。

今年の夏至は特別で、1967年以来初めて、夏至と満月が重なりました。6月の満月は「ストロベリー・ムーン(Strawberry Moon)」と言うそうです。別に月が赤くなるわけではないのですが、イチゴが実る季節なのでそう呼ばれるのだそう。
夏至にストロベリー・ムーンが重なるのは50~70年に一度。次回は2062年だそうですから、ぜひとも夏至のストロベリー・ムーンを見たい!と意気込んでいたのですが、あいにくの曇り空で昨晩は月が見えませんでした。残念。

日の長いこの時期は、一年でいちばんアクティブに活動できる時。夏のアイルランド本番…です。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売

ikarosbook0517
アマゾン
イカロス出版サイト

イベントのお知らせ
★スケジュールが決まり次第、お知らせいたします!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培など。愛読書は『赤毛のアン』とW.B.イエーツ詩集♪

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別アーカイブ