記事一覧

潜水艦の発明者ホランドの銅像の行方

pjhollandcentre3 
ホランドさんは今、ここに… 

今回のお2人様のツアー中、モハーの断崖へ行く途中にリスカノー(Lisconnor, Co. Clare)を通り、いつものように潜水艦の発明者であるジョン・P・ホランド(John P. Holland)がこの村の出身であることをお話ししていました。「右側にホランド艇1号に乗ったホランドの像があります~」とご案内しながら右を見たら、なんと銅像がない! 車を停めてそこにいた村人に聞いてみると、近くにビジターセンターが出来て、そこに銅像が移されたとのこと。船舶や海洋関係のにご興味が深いお客様でもあったので、新しく出来たセンターに立ち寄ってみました。

  pjhollandcentre 
ホランドに関する展示に加え、お土産ショップ、トイレ、コーヒーもあるので、休憩所としても使えそうです 

懸念のホランド像はセンター内に無事に設置されていました。(冒頭写真)ホランドのこの銅像については、ずい分前に一度ご紹介しています。→潜水艦の発明者ホランド(リスカノー) 
なんと約10年前の記事。写真を見比べてみると、この頃から銅像もアップグレードされているようです。 

ジョン・P・ホランドは1841年、当時アイルランド語のみが話されていたリスカノーの小さな村で生まれました。身体の弱かったホランド少年ですが、地元の小学校を出て、リムリックの学校へ通い、数学教師になり、アイルランド各地で教鞭をとります。コークでの教職時代に読んだ本からインスピレーションを得て、船を攻撃するには水の中からがいちばんである!と信念を得て潜水艦の設計図を完成させるのですが、この時には資金繰りがうまくいかず、日の目を見ることはありませんでした。
 
32歳でアメリカに移民して、今度はアメリカで教職に就きます。ある時ボストンの街中で、凍結していた道路で滑って転び足を怪我してしまいます。人生に思わぬ中休みが出来たこの時に、再び潜水艦の設計図を引っ張り出したのが運のツキ。今度こそ実現させるべく資金繰りに奔走、アメリカ政府に働きかけるも、「潜水艦など民間人の馬鹿げた夢だ」と嘲笑して取り合ってくれなかったので、アイルランド独立運動結社フェニアンより「敵国イギリスに打ち勝つため!」という名目で資金援助を得ることになりました。  このおかげで、教職を辞して潜水艦の制作、改良に専念。初めの試みでは沈んでしまったようですが、紆余曲折を経て、1897年にホランド艇1号の稼働に成功しました。アメリカ政府も徐々にホランドの実績を認め、1900年にはアメリカ海軍初の潜水艦が導入されました。 

日露戦争(1904-5年)の際、日本もホランドの潜水艦をアメリカから輸入しています。実際の海戦では使用されなかったようですが、この功績により、ホランドは明治天皇より日章旗を授与されています。

  pjhollandcentre2 
センター内展示の様子。短い休憩でよく見る時間がなかったので、今度機会があったら展示をゆっくり見てみたいものです 

3月下旬にオープンしたばかりというホランド・センター。私たちが日本人初の訪問者だったようで、歓迎していただきました(笑)。

The Mermaid House, Liscannor, Co. Clare. 
Tel +353-70-82700 
(入場料は今回は無料でしたが、今後有料になるかも)


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)5月29日発売

ikarosbook0517
アマゾン
イカロス出版サイト

イベントのお知らせ
秋のケルト市
10月9日(月/祝)浅草ライオンスタジオ

★トークショー「アイルランドの知られざるヒーロー/ヒロインたち」
イベント詳細&お申込みはこちらこちら

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。2000年よりアイルランド在住。アイルランドでの生活、ガイド業を通してのさまざまな体験を皆さんと共有できたら嬉しく思います。最近の趣味はサーフィンとバラ栽培♪

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ