記事一覧

ディングルのシーフード・レストラン、アウト・オヴ・ザ・ブルー

outoftheblue4
ビネガーがしっかりきいたスモーク・マカレル、おいしかった♪

ディングルでのサーフィン休暇から戻りました。
シーフード・レストランの多いディングルでは、新鮮なフィッシュ・アンド・チップス、イカのリング揚げ、シーフード・チャウダー、フィッシュ・パイ、ガーリックとバターで味付けしたカニ爪…などなど、毎日のように魚介類を食べてダブリンに戻ってきた今もお腹いっぱい(笑)。
ディングルはマーフィーズ・アイスクリームの本拠地でもありますし(今やディングルには2店舗あります→アイルランドでいちばんおいしいアイスクリーム!)、地元産ビールやジンもあって、今やちょっとしたグルメ・タウンですね。

今回滞在中にいろんなカフェやレストランに行きましたが、久しぶりに行ってみてやっぱりおいしいな~と思ったのは、ディングルの人気店アウト・オヴ・ザ・ブルー(Out of the Blue)。新鮮な牡蠣やロブスターもある、シーフード・オンリーのレストランです。

Out of the Blue
Waterside, Dingle, Co. Kerry.
オープン 17:00~ (日曜日・バンクホリデーの週末のみ 12:30~15:00もオープン)

outoftheblue2
カラフルなディングル・タウンでもひときわ目立つ外観

夏の間はツアーでしばしばディングルへ行きますので、食事をするチャンスも多いのですが、このレストランはいつも混んでいてなかなか入れない。今回、本当に久しぶり、もしかしたらこのブログを書いた2007年以来かもしれません。(→ディングルのシーフード・レストラン

シーフード・チャウダーかスモーク・マカレル(サバ)か迷った挙句、冒頭写真のスモーク・マカレルをチョイス。これが新鮮で美味、ビネガーがしっかりきいていて、なんともおいしかったのです。

outoftheblue
こちらは隣りに座っていたアンマリーのシーフード・チャウダー。あまりおいしそうに映っていませんが、これも美味だったようです。通常のチャウダーはもっとクリーミーですが、こちらはさらっとしたタイプ

私はサバ好きで、どこに行ってもメニューにサバがあると注文するのですが、アイルランド人はサーモンとかタラとか無難な魚を選びがち。この日、私の勧めでサバを頼んだディヴィッドはいたく感動したらしく、ダブリンに戻ってきた今も「あのサバが忘れられない…」とメールしてきたほど(笑)。
帰りの車の中でもずっと、あのサバを食べるためにまたディングルへ行きたい!と何度も言っていたディヴィッド。サーフ・トリップだったはずが、すっかりグルメ・トリップになってしまいました(笑)。

outoftheblue3
シーサイドらしいポップな内装も素敵です

※ディングルでもう一件、こちらもお勧めです→シーフードがおいしいカフェ・レストラン、チャウダー(ディングル)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売

好評につき重版決定
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

イベントのお知らせ
スケジュールが決まり次第、お知らせいたします!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。
Instagram

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ