記事一覧

ディングルのお気に入り、「スノッグ」のあるディック・マックス

Dingleeaster2016cickmacks3
サーフ仲間のロレイン、アンマリー、クレア。ディングルのお気に入りのパブ、ディック・マックス前にて

人口5000人のディングル・タウン(Dingle, Co. Kerry)は、ヨーロッパ最西の町。(これより西には村はあるが、町はない)
小さな町には51件ものパブがあるそうで、今回のサーフ・トリップで私たちも2~3件場所を変えてパブめぐりしてみましたが、ディック・マックス(Dick Mack's, Greene Street, Dingle, Co. Kerry)で過ごした昼下がりがいちばん楽しかったです。

Dingledickmacks2
著名人が多く訪れたことでも知れる名物パブ。店の前には訪れた著名人の「Walk of Fame」があります。写真手前は『ライアンの娘』撮影時に訪れたロバート・ミッチャム(2012年8月撮影)

ダブリンではなかなか見られませんが、アイルランドの田舎の伝統的なパブには「スノッグ(snug)」と呼ばれる小部屋が今も残ってることがあり、ディック・マックスもそんなバプのひとつ。
「スノッグ(snug)」とはそもそも、「ぬくぬく居心地がいい」という意味の形容詞です。

Dingleeaster2016cickmacks2
スノッグ内側からパチリ。この小さな窓からギネスを注文しつつ、パブの様子をのぞき見…

Dingleeaster2016cickmacks
スノッグ外側からパチリ。まさに「Snug in the snug(スノッグでぬくぬく)」状態。このあとここにもう2人ほど入ってきて、ぎゅうぎゅう詰めになりましたが(笑)

Dingledickmacks
カウンター右わきにある扉がスノッグ。ディック・マックスには2部屋あって、私たちが入ったのは写真には写っていませんがカウンター左側の小さ目スノッグ(2012年8月撮影)

スノッグの外で飲んでいる人たちは、私たちが扉を開けて出たり入ったりする度に、「ナルニア国からお帰りなさ~い!」と言っていました(笑)。

ディック・マックスはその昔、靴屋さんでした。昔はお店が限られていましたから、靴屋さんがお酒を売るようになって、パブになっていったんですね。
アイルランドの田舎にはもと雑貨屋さんだったパブとか、衣料品店だったパブなどがあり、今もそのビジネスをパブ内で続けていることも。ディック・マックスでは残念ながら今は靴は作ってもらえませんが、靴屋さんだった時代の面影は店内にそのまま残っています。

Dingledickmacks3
店の半分は靴屋さん時代のカウンター。今はここをテーブルとしてみんながお酒を飲んでいます(2012年8月撮影)

サーフィンの合間の楽しいひと時でした♪

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売

ikarosbook0517
アマゾン
イカロス出版サイト

イベントのお知らせ
★スケジュールが決まり次第、お知らせいたします!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培など。愛読書は『赤毛のアン』とW.B.イエーツ詩集♪

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別アーカイブ