記事一覧

シャノン川が増水しています

週末にアイルランドを吹き荒れたストーム・デズモンド(Storm Desmond)。
(関連ブログ:嵐のストランドヒルへ

実は嵐が去った後も、アイルランド内陸部から西部へと流れる最長河川・シャノン川(River Shannon)流域を中心に被害が続いています。水がひかないばかりか、シャノン川の水が増水し続けているというのです。

floodingirishtimes101215
アスローン(Athlone, Co. Westmeath)近郊。陸地がない…!(Severe flooding across Ireland:Irish Times 11/12/15←各地の洪水の写真が出ています)

この週末もさらに雨が降るらしく、月曜日までに40センチ水位が上昇するとの予報。注意警報が出され、行政、軍隊、地域ボランティアの方々が総出で作業に当たっています。
現在、アスローン周辺では90世帯が被害にあわれているとのこと。状況が悪くならないことを願うばかりです。

台風も地震もないアイルランドですが、このような「洪水」は嵐の結果としてしばしば起こります。
地域によっては対策が十分なされていないようで、そういえば洪水の被害が報じられるのは決まって同じ地域。バリナスロー(Ballinasloe, Co. Galway)とか、バンダン(Bandon, Co. Cork)とか。

この週末にかけてアイルランドをご旅行中の方は、道路情報を確認しながら、どうぞ安全に移動してくださいね。
道路の通行止めなどの最新の情報はこちらから。→AA Roadwatch

コメント

ストーム

naokoguideさん、先月はたいへんお世話になりました。

ここ数年、毎年11月にダブリンに来て、いつも雨降りみたいに思っていましたが嵐の季節なんですね。今回は、ストーム:アビゲイルが来た時で、外出したとたん強い風で傘が壊れ、近くのスーパーで傘を買ったのですが、お店を出たとたんにそれも壊れてしまい、傘をさすのはあきらめました。日本のような土砂降りではないので、地元の人たちは傘はささないようですね。私もそれにならうことにしました。

この時期にアイルランドの自然や遺跡を訪ねるときは、さいしょからそのつもりでレインウエア、合羽やレインブーツで歩くと、天気に気兼ねなく雰囲気を楽しめるかもしれないと思います。

Re: ストーム

akiさん、そうですね、11月頃から冬型の天候になることが多いです。今年は気温は低くないので、お天気が荒れても寒さはないので思ったほど寒くない、と思われたのではないでしょうか。

傘は私もほとんどさしません。壊れてしまうし、途中でやんでしまって忘れてくることが多いので(笑)。冬の外出時には傘よりも帽子が必需品ですね。
戸外の観光の時は、長靴、帽子、丈の長いレインコートや上着で初めからぬれてもいいようにして出かけていますが、それもファッションと思えば楽しいものですね。

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)5月29日発売

ikarosbook0517
アマゾン
イカロス出版サイト

イベントのお知らせ
秋のケルト市
10月9日(月/祝)浅草ライオンスタジオ

★トークショー「アイルランドの知られざるヒーロー/ヒロインたち」
イベント詳細&お申込みはこちらこちら

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。2000年よりアイルランド在住。アイルランドでの生活、ガイド業を通してのさまざまな体験を皆さんと共有できたら嬉しく思います。最近の趣味はサーフィンとバラ栽培♪

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ