記事一覧

酪農天国アイルランドの農家見学 ②

酪農天国アイルランドの農家見学 ①より。

tipperaryfarmvisits7
手作りスコーンとアイルランドが誇る黄金色の国産バターでもてなしてくださいました

2件の農家さんを見学させていただいた後、2件目のお宅でお茶をいただきました。テーブルにど~んと出されたバターはアイルランドでいちばん広く普及している人気のバター、ケリーゴールド(Kerrygold)。
上の写真ですと光の加減であまり黄色く見えませんが、拡大するとこんな色です。

tipperaryfarmvisits10
これがグラス・フェド(牧草を食べて育つ)牛のバターの色、濃い黄色です

今回の農場見学をアレンジしてくださったトレヒーさんは、いつも一緒にサーフィンをしている友人マルコスのお父さん。
訪問させていただける農家さんを探していると友人たちに話したところ、小耳にはさんだマルコスが、「うちのダッドに聞いてみるよ!」と話を進めてくれたのでした。感謝。
ご自身も農場で育ったというトレヒーさんは農業科学の専門家で、現役の時は食糧庁や農協の仕事で国内外を飛び回っていたそうです。定年退職後は自宅で野菜を育て、時には手作りバターも作り、週に一度行われる地元のファーマーズマーケットで販売・実演をしておられます。アクティブで朗らかな80歳。ご一緒していてとても楽しかったです。

tipperaryfarmvisits6
向かって左がジム・トレヒーさん。真ん中は農場主でトレヒーさんの甥御さんにあたるリチャードさん、そしてお客様。お茶をいただきながら、アイルランドと日本それぞれの酪農事情など興味深い談話が繰り広げられました

訪問中、友人マルコスも気にかけてくれていて、「ダッドは行儀よくしている?大丈夫?」(笑)とメッセージを送ってくれました。マルコスからトレヒーさんへ、そして農家さんへ…と人のつながりで実現した農場訪問。
それぞれお忙しい中、ご自身の時間や労力を使って協力してくださいました。

昼間の時間帯で、農家さんのご自宅にはどなたもいらっしゃらなかったのですが、奥様と11歳のお嬢さんが仕事・学校へ行く前に私たちのお茶に出すものを全部準備しておいてくださったようです。

tipperaryfarmvisits8
ケリーゴールド・バターがたっぷりぬられた手作りブラウンブレッド

tipperaryfarmvisits9
カップケーキは11歳のお嬢さんが「日本からのお客様のために!」と作ってくださったそう。感激♪

今回はバターの視察ですが、アイルランドの人々の地に足のついた生き方やおもてなしの心も、バターの味と一緒にお客様に味わっていただけたらいいなと思います。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)5月29日発売

ikarosbook0517
アマゾン
イカロス出版サイト

イベントのお知らせ
秋のケルト市
10月9日(月/祝)浅草ライオンスタジオ

★トークショー「アイルランドの知られざるヒーロー/ヒロインたち」
満員御礼にて無事終了、ありがとうございました!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。2000年よりアイルランド在住。アイルランドでの生活、ガイド業を通してのさまざまな体験を皆さんと共有できたら嬉しく思います。最近の趣味はサーフィンとバラ栽培♪

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ