fc2ブログ

車椅子で旅するアイルランド その1

wheelchairtour1

先週、アイルランド西海岸を中心に数日間ご一緒したお客様は、ご主人様が車椅子のご夫婦様でした。

11年前に脳梗塞をわずらわれてお身体が不自由になられたご主人様は、ご病気になられるずっと前から、アイルランド旅行を夢に見ておられたそうです。
歩くことが出来ないため、通常のグループツアーへの参加ではなく、ご夫婦お2人様でのガイド付きオーダーメイド旅行を決意。介護役の奥様とお2人、とっても楽しい数日間をお過ごしになられました~。

アイルランドの主だった観光地には、車椅子用の入り口やトイレが徐々に整いつつあります
例えば、ダブリン市内観光の3大柱であるトリニティー・カレッジのオールド・ライブラリー、聖パトリック大聖堂、ギネス・ストアハウスは、すべてバリアフリー完備。
田舎の観光地では大変なこともありましたが、アイルランド人は一般的にウィールチェアー・フレンドリー。設備がない分、人々に助けられました~。

グループツアーのスピードにはついて行くことは難しいでしょうが、このような介護者と現地ガイドが一緒の個人旅行なら、車椅子の方も十分お楽しみいたくだけると確信しました。

唯一、大変だったのは、アラン諸島への旅!
フェリーには車椅子の入り口がないため、身体の大きなボートマンたちが椅子ごとかかえあげて乗せてくれました。感謝!

wheelchairtour2

坂道や砂利道だらけのアラン諸島、車椅子にも限度があり、行ける場所は限られますが、どうしてもアラン諸島へ来てみたかったというご主人様のとっても幸せそうな笑顔を見て、ご案内して良かったな~と嬉しく思いました。

(続く)

関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

福岡市にて講演!
2022年4月24日(日)14:00~

★『赤毛のアン』に見るケルト
→終了、ありがとうございました!

東京「春のケルト市」にて講演!
2022年5月3日(火祝)11:00~

★牛とジャガイモと移民の歴史
→終了、ありがとうございました!

オンライン講座配信
見逃し配信ご購入可!
2020年6~8月・全6回→こちら
2020年12月・特別回→こちら
新規講座! →詳細決まり次第お知らせいたします!

カレンダー

09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ