記事一覧

イエーツがいっぱい(スライゴ)

昨日今日とスライゴ(Sligo)へ出張ガイド。
W.B.イエーツの墓所(Drumcliff Church)やW.B.イエーツ記念館(Yeats Memorial Building)など、イエーツゆかりの地へ連日足を運んでいます。

本日は個人でご旅行中のお客様のご案内でしたので、さらに詳しくイエーツめぐり。イエーツが受賞したノーベル文学賞のメダルが展示されている県立博物館(Sligo County Museum)や、弟のジャック・B・イエーツの絵画を展示中のザ・モデル(The Model)へもご案内。
さらに時間があればイエーツがしばしば訪れたゴアブース家の屋敷リサデルハウス(Lissadell House)や、詩に出てくるグレンカーの滝(Glencar Waterfall)、ギル湖(Lough Gill)へもご案内したかったのですが、それにはもう1日必要ですね。

イエーツ生誕150周年を迎えたスライゴの町には、「イエーツ」がいっぱい。150周年を記念して、街角の壁画にもなりました!

yeatsmuralsligo
赤いドアの横には「Dance there upon the shore…」で始まるイエーツの詩、「To a Child Dancing into the Wind」が壁一面に書かれています(イエーツの長年の想い人モード・ゴンの娘イゾルデが、この詩の「風の中で踊る子供」だそうです)

※イエーツゆかりの地に関する過去ブログ:ルビーとモリーと過ごしたイエーツ・デー(イエーツ生誕150周年)イエーツが住んだバリリの塔イエーツの「さらわれた子ども」の地にてよみがえったリサデル・ハウス(スライゴ研修・最終)Cast a cold eye on life, on death・・・(スライゴ研修4)WBイエーツと日本刀

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売

好評につき重版決定
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

イベントのお知らせ
スケジュールが決まり次第、お知らせいたします!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ