FC2ブログ

ケルティック・ニュー・イヤー

今日はハロウィーン。
この時期になると、お店の店員さんが仮装をしていたり、さまざまなパンプキン・グッズを見かけるのですが、ベルファーストのHotel Europaで、巨大オバケかぼちゃ発見!!

pumpkin


『ハウルの動く城』(ダブリンで上映中)を見たばかりの私には、このグロテスクなかぼちゃが、どうしても「荒地の魔女」に見えてしまって…。

ところで、ハロウィーンはケルト起源のお祭りだって知ってましたか?
ケルト人はこの日をサワーン(Samhain)と呼び、一年の最後の日に定めていました。年の瀬にあたって、死者の霊が降りてきたり、悪霊が横行して悪事を働くため、焚き火をたいてそれを追い払っていました。
数日前から、ダブリンでは、夜になると爆竹の騒音がすごいのですが、現代風の悪霊よけというわけです。
気味の悪い仮装をしたり、Jack-o'-lantern(中身をくり抜いたカボチャ、しゃれこうべを表しています)を作ったりするのも、もとは悪魔よけの意味。

キリスト教では、11月1日はAll Saint's Day(聖人と殉教者の霊を祭る日)として知られていますが、これも、もとをたどれば、ケルトのサワーンに行き着くわけですね。

ということで、明日からのCeltic New Yearをベルファーストで迎えています。
悪霊に狙われることのないように、今夜は、気持ちを穏やかに過ごしたいと思います。

A Happy Celtic New Year to All!!



関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

★オンライン講座配信
見逃し配信ご購入可!
2020年6~8月・全6回→こちら
2020年12月・特別回→こちら

★岡山市にて講演
2020年10月

→2021年度に延期となりました

★福岡市にて講演
2020年12月

→2021年度に延期となりました

カレンダー

12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ