fc2ブログ

2015年セント・パトリックス・デー

stpatricksparade2015
ハッピー・セント・パトリックス・デー!昨日のダブリン市内のパレードにて

昨日のセント・パトリックス・デーは、グループのお客様と一緒にダブリンにてパレードを見学しました。
セント・パトリックス・デーの頃のアイルランドは季節の変わり目で、お天気が冬になるか夏になるか両極端。過去にはパレード観覧中に雪が舞うようなこともあれば、夏の盛りのような好天気に見舞われたことも。
今年は日中10度前後、雨も降らず穏やかなお天気で、お客様とご一緒に楽しく観覧させていただきました。

stpatricksparade20152
クライスチャーチ近くにて(お客様を出来るだけパレードの見える場所に入れて差し上げたため、私は後ろの方にいてあまりいい写真が撮れませんでした)

stpatricksparade20153
人垣があっても見えた大きな山車

stpatricksparade20154
緑を来て観覧する人でいっぱい

セント・パトリックス・デーのパレード発祥は、アイルランド移民の多いニューヨーク。アイルランドでパレードが行われるようになったのは、経済成長が始まった90年代からです。アメリカから逆輸入されるかたちで始まったんですね。
現在では首都のダブリンだけでなく、地方都市、地方の小さな町や村でもパレードが行われるようになり、今年はアイルランド全国で10万人がパレードに集ったそうです。

数年前から、ダブリンなど都市部の主要な建物を緑色にライトアップするのが恒例となっていますが、北アイルランドの首都ベルファーストの自治議会堂も、今年初めて緑になりました。
→本日のRTEニュース:As It Happened: St Patrick's Day 2015
(ダブリン以外の地方でのパレードや、世界各国でのセント・パトリックス・デーの様子も)

春分の日に近いこの日は、聖人パトリックの命日を祝ったと同時に、春の祭りでもあったのでしょう。
セント・パトリックス・デーを堺に日に日に春めいていくこの時期は、春に向けて気分もウキウキしてきますね。(「春眠暁を覚えず」・・・とはよく言ったもので、この時期になると毎日眠くて仕方ないのは私だけでしょうか・笑)

関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

秋のケルト市!
【ダブリンよりヴァーチャル出演!】
2021年10月30日
詳細・お申込み→こちら

オンライン講演
「モンゴメリ作品とアイルランド」
2021年11月20日(土)16:30~
詳細・お申込み→こちら 《満員御礼》

★オンライン講座配信!
【新規講座】 →詳細決まり次第お知らせいたします!

見逃し配信ご購入可!
2020年6~8月・全6回→こちら
2020年12月・特別回→こちら

★福岡市にて講演
2020年12月

→2022年度に延期となりました

カレンダー

09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ