記事一覧

住宅街のカフェ・レストラン、メイフィールド

mayfieldterenure
水色&白のさわやかなストライプが目印のメイフィールド。通りに面したこちらの店舗がオリジナルのカフェ

サバティカル休暇中の友人アンマリーとランチ。
ダブリン市街地の南、住宅街にある人気のカフェ・レストラン、メイフィールド(Mayfield)にてウィークデーの昼下がりを楽しみました。

Mayfield Deli & Restaurant
Terenure, Dublin 6W.
Ph: 01-4926830
(Open 9:00 - 21:30 Daily)

2010年に、元は肉屋さんだった店舗を買い取って始めたというメイフィールド。小さなカフェは可愛らしい内装と気の利いたメニューであっという間に話題となり、地元っ子が行列をなすまでに。
数年前に店舗が拡張され、今はお隣りの「Eatery(食堂)」(冒頭写真の向かって右奥に入口あり)にてブレックファーストからディナーまでサービスされるようになりました。

mayfieldterenure2
2ユーロでサンドイッチに追加できる本日のスープは、サツマイモとココナツのスープ。甘味加減、ココナツの効き加減がパーフェクトでおかわりしたいくらいにおいしかったです

mayfieldterenure3
本来はブランチのメニューですが、最近家でも作ってしまうくらいはまっているエッグ・ベネディクト(Eggs Benedict)を注文

よくあるカフェのメニューなのですが、ひとつひとつおいしいんですよね。ベジタリアン嗜好のアンマリーはハルミチーズと赤カブのチアベッタ・サンドイッチを食べていました。

mayfieldterenure4
シティーセンターから外れたロケーションにも関わらず、平日のランチでもこんなににぎやか。昨日・今日は小学校が学期の中休みのため、子供連れのお母さんたちも目立ちました

この「Eatery(食堂)」、内装が70年代風でちょぴりファンキー。入口付近はショップになっていて、アクセサリー、陶器、小物など気の利いたものがランダムに売られています。
おしゃれで食事がおいしい上、シティーセンターへ行くより気軽に出かけられる近所のカフェ・レストランの感覚。お互い車で10分たらずのところに住んでいるアンマリーと私はよくここでランチしたり、お茶したりするのですが、それにしてもスリランカへのホリデーで4週間も毎日一緒だったというのに、まだしゃべることがたくさんある私たちってスゴイかも(笑)。

mayfieldterenure5
通りに面したEateryの壁面。ピンクのロゴ♪


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売

ikarosbook0517
アマゾン
イカロス出版サイト

イベントのお知らせ
★スケジュールが決まり次第、お知らせいたします!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培など。愛読書は『赤毛のアン』とW.B.イエーツ詩集♪

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別アーカイブ