記事一覧

物価と出生率の高い国、アイルランド

measuringirelandsprogress2013
2015年2月17日のアイリッシュタイムズの記事より(The Irish Times

一昨日のアイリッシュタイムズ紙に、アイルランド政府中央統計局(Central Statistic Office)より発表された「Measuring Ireland's Progress(アイルランドの進展状況の計測) 2013」が掲載されました。
物価、失業率、平均寿命、出生率など58の指標で、アイルランドをEU 平均と比較した統計。ガイディングの際に役立つので、この機会に日本の数字も調べつつ資料として書き留めておきました。

新聞記事ではアイルランドがEUで5番目に物価の高い国であることに焦点を当てています。アイルランドはデンマーク、スウェーデン、フィンランド、ルクセンブルクに次いで物価の高い国だそう。
(EU平均を100とした場合、1位のデンマークは138.4、アイルランドは120.0)

高い高いと言われるアイルランドの物価ですが、やはりそうなんですね・・・。

しかし、高いのは物価のみにあらず。アイルランドがダントツにEU平均を上回るのはなんといっても出生率(一人の女性が生涯に産む子供の数)で、アイルランドは2.01、EU平均は1.58。ちなみに日本は1.43だそう。
アイルランドは伝統的にと言いますか、宗教的バックグランドも未だに根強く関係しているせいか、常にベビーブームといえるように思います。兄弟姉妹が多く、30~40代以上の人なら4人、5人は珍しくなく、今の子供たちの世代で2人、3人が主流・・・といったところでしょうか。
結婚せずとも子供は産んで育てているという人も、最近では珍しくなくなってきました。
(子供が産まれてくる前に破局してしまい、同居または結婚に至っていないというケース。妊娠中絶が基本的に法で禁じられているので、そういった場合では子供は産むのです)

その他、主だった数字を拾い上げてみますと・・・。

65歳以上の人口の割合がアイルランドは18.6%(EU平均27.5%)で、EUで2番目に低い数字。日本は25.9%。
14歳以下の人口の割合は33%(EU平均23.6%)で、EUで最も高い数字。日本は12.9%。そう、アイルランドは子供や若者の多い国なのです。

これは別の統計ですが、私がいつもガイディングの際に引き合いに出すのがアイルランドの人口の平均年齢。
アイルランドはアイスランドと並んでEU内でいちばん平均年齢が低く、35歳。イギリス、ドイツといったEUの別の先進諸国はだいたい40~42歳位、日本は45歳!
子供や若い世代が多く目につくのもそのはず、日本より国民の平均年齢が10歳も若いのですから。

ちなみに平均寿命はEU平均をちょっぴり上回っており、男性78.7歳、女性83.2歳 (EU平均77.5歳と 83.1歳)。長寿国日本は 80.21歳と 86.61歳です。

興味深いのは離婚率 (人口千人あたりの一年間の離婚件数)で、アイルランドは千人あたり0.6件(EU平均2件)とEU平均をはるかに下回っています。日本は 1.9件。
ただこれは、アイルランドでは法的に離婚を成立させるのが難しいからだと思います。離婚に至らずとも、別居または家庭内別居していてそれぞれ別のパートナーがいる、というケースも近年増えていますが、それは数字には上がってこないので。

個人的には、「双子の割合」をEU平均と比べた数字が欲しいところですが(以前からの私の持論!・・・過去ブログ:アイルランドには双子が多い?)、いつの日かそんな統計にもどこかで行き当たり、私の持論が実証される日が来ることでしょう(笑)。

コメント

面白いことに、私の周りのアイリッシュの友達、知り合いには誰も双子がいなくて、日本の親戚、知り合い、友人に双子ばかりなので直子さんと逆パターンなのです(笑)。父親がまず双子の一人ですし、もう一組、叔父で双子たちがいます。さらに母方にも一組双子がいるんです、なぜなのかしら…。直子さんはアイルランドで双子を呼ぶ体質で、私は遠ざけているのかも???(笑)

物価的には、世界一物価が高いといわれるスイスに普段いても、アイルランドに里帰りしたところで「アイルランドって安い!」と思うことが一度もないので、やっぱりアイルランドは生活費のかかる高い国だと思います!(苦笑)

Uisceさんへ

私は日本では全く双子に縁がなかったので、こちらに来てびっくりです。ほんと、Uisceさんと反対ですね(笑)。

ダブリンにいて最近感じるのは、公共料金が何かと高いということ。バスもルアスもよく考えてみると高いですし、ダブリンもいよいよ「都市」生活の物価になってきたな・・・と感じています。

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)5月29日発売

ikarosbook0517
アマゾン
イカロス出版サイト

イベントのお知らせ
秋のケルト市
10月9日(月/祝)浅草ライオンスタジオ

★トークショー「アイルランドの知られざるヒーロー/ヒロインたち」
イベント詳細&お申込みはこちらこちら

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。2000年よりアイルランド在住。アイルランドでの生活、ガイド業を通してのさまざまな体験を皆さんと共有できたら嬉しく思います。最近の趣味はサーフィンとバラ栽培♪

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ